ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

巧妙化するワンクリック詐欺の最新手口と対処法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
巧妙化するワンクリック詐欺の最新手口と対処法

広く知られる手法にもかかわらず、今なお遭遇するワンクリック詐欺。現在は、そのワンクリック詐欺被害者からさらにお金をむしり取ろうとする悪徳業者も存在します。巧妙化するワンクリック詐欺の最新手口を見ていくとともに、正しい対処の仕方を見ていきます。ワンクリック詐欺は無視するのが基本です。

スマホ版ワンクリック詐欺が登場

スマホユーザーを狙う「スマホ版ワンクリック詐欺」が登場しています。スマホブラウザのみを狙うようなサイトが増えているのです。有料会員登録がされたような表示を真に受けて被害に遭う若者が増えています。

利用確認画面などを挟む「ツークリック詐欺」にも注意が必要です。小さく「利用確認」などと記載したり、年齢確認することでユーザーの見落しを責め、お金を支払わせようとする手口。このような契約は無効なので、やはり無視してOKです。

自動で登録したことにされる「ゼロクリック詐欺」にも気を付けましょう。Googleなどの検索画面から、サイトを開くだけで請求画面が表示される詐欺です。「ノークリック詐欺」とも呼ばれます。

ワンクリック詐欺の対処法は無視

ページを戻っても請求画面を表示する「未払い詐欺」もあります。これは請求に驚いてページを戻ったり、開き直したりしても請求画面がしつこく表示されるというもの。基本的には無視ですが、ブラウザの履歴削除で表示を消すことができます。

ワンクリック詐欺の請求に怯え、情報収集のために「ワンクリック詐欺」で検索する人は多くいるはず。そんな検索結果の最上部にワンクリック詐欺専門の相談業者が表示されますが、実はコレも詐欺です。

ワンクリック詐欺の対処法は無視するのがセオリー。にも関わらず「放置してはいけない」などと不安を煽り、被害者をさらに追い詰める非常に卑劣な手口です。相談をもちかけると高額な請求に発展します。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。