体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【葉っぱは食う? 食わない?】満開の桜の下で桜餅を味わいたい【甘党無宿】

f:id:Meshi2_IB:20170327135700j:plain

ひさかたの光のどけき春の日に

しづ心なく花の散るらむ

f:id:Meshi2_IB:20170327140021j:plain

あぁ、失敬失敬。あまりの陽気にすっかり歌人気分になってしまった、甘味ユニット「甘党無宿」の住倉カオスです。まぁ他人の歌ですが。

いやぁしかし、花見シーズンとあっては、紀友則さんならずとも一首詠みたくなりますな。

しかし甘党無宿の信条は、もちろん花より団子!

そして、この季節に食べるべき菓子といえば、もちろん「桜餅」!!

f:id:Meshi2_IB:20170327135837j:plain

香りの良い桜の葉に包まれた、まるで花びらを思わせるお餅。その柔らかな肌にそっと歯を立てると優しい甘さのあんこが……。あぁ、こんなに季節を感じさせる愛らしい菓子が他にあるだろうか!?

和菓子のみならず、全スイーツの中でも突出した存在だと思いますがね。僕は。

そんな「桜餅」、甘党無宿オススメの品をご紹介しんぜよう!

「桜餅」が1種類ではないのは、なんとなく気づいているご仁もおられるのではないか?

そう。「桜餅」には関東風と関西風の2種類あるんですな。

「関東風」の桜餅

関東風は、小麦粉を使った生地を薄く焼いて、その薄皮であんを巻いたもの。ちょっとクレープぽいね。

f:id:Meshi2_IB:20170327140015j:plain

関西風は、関東以外の地域でよく見られる形で、道明寺粉を蒸した餅にあんが包まれたもの。つぶつぶした食感が特徴的なあれね。

この道明寺粉というのは、もち米を蒸して乾燥させて粗めに砕いたもの。道明寺という大阪の尼寺で最初に作られた保存食だったらしいですな。

ということで、まずは関東風のオススメはこちら「長命寺 桜もち 山本や」。

f:id:Meshi2_IB:20170327140019j:plain

なんと今年で創業300年! 1717年(享保2年)にお隣の「長命寺」の寺男だった初代の山本新六さんが、隅田川の土手の桜の葉をたるに塩漬けにし、「桜もち」を考案して、長命寺の門前で売り出したのが最初。

つまり関東風「桜もち」の元祖ってこと!

ちなみに1717年には時代劇で有名な大岡越前守忠相が町奉行に就任した年。もしかしたら大岡越前も吉宗公への土産に買ってたりして?

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。