ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一度は行きたい、東京の美しすぎる美術館

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一度は行きたい、東京の美しすぎる美術館
J-WAVEで放送中の番組「ZAPPA」(金曜ナビゲーター:山中タイキ)。4月7日(金)のオンエアでは、この春行きたい都内の美術館を紹介しました。

◯原美術館

品川駅高輪口からぶらぶらと歩いて10分〜15分。駅の周辺は高層ビルが多いものの、駅から離れるにつれて徐々に木々が増えていきます。桜を目にしながら住宅地に入っていったところに、静かに佇む美術館です。白くてモダンなヨーロッパ建築の建物で、木陰を作ってくれる大きな木と、芝生の庭が出迎えてくれます。山中によると「避暑地を訪ねて、誰かの別荘を訪ねているような雰囲気で、軽井沢のような雰囲気もある」そうです。

原美術館は、もともと実業家・原邦造氏の個人の邸宅として使われていました。1979年に現代美術専門の美術館として開館。「1階のギャラリースペースを抜けていくと、半分テラスになっているカフェがあって、そこを抜けると広々とした芝生の中庭があります。ここが天国のように最高です。友人がここで結婚式を挙げました。リゾート気分が味わえて、ここだけ東京の空気が違うんじゃないかというくらい、良い空気が流れています」と絶賛。日差しが気持ち良く、今の季節にピッタリだそうです。5月7日(日)まで「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」の展覧会が開催されています。

◯根津美術館

表参道の交差点を、西麻布方面に抜ける途中にあります。建物を囲むように竹が生えていて、こちらは日本の和を前面に出している建物で、海外の方にも人気があります。2009年に建築家の隈研吾氏によってリニューアルされました。入口を入ると、玄関へと続く真っ直ぐなアプローチがあり、建物側には竹が並び、道路側には垣根があります。

「非常に繊細で独特な空気が漂っています。ここを通る度に『根津美術館に来たんだな〜』っていう気分になります」と山中。展示は東洋の古美術品が中心で、照明が最低限に抑えられていて、自然光が綺麗に入ってきますが、その光の入り方までもが鑑賞物の一つに感じられる場所です。大きな窓の先には、緑がまぶしい庭園が広がっています。

美術鑑賞の後は、四季折々の植物と共に散策してみてはいかがでしょう。これからの季節は燕子花(カキツバタ)も楽しめます。想像以上に庭園が広いので、一周するとお腹が空くそう。「併設されているNEZUCAFÉは、『ここは本当に東京なの?』と疑ってしまうような空間です。おすすめのメニューはミートパイ。これは本当においしいです!」と山中。

根津美術館は4月11日まで一時休館中です。4月12日からは「燕子花図と夏秋渓流図」の展覧会が開催されます(5月14日まで)。ぜひ、春のご予定にいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZAPPA」
放送日時:毎日 5時ー6時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。