ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DIYが捗る!自由に角度が付けられる革命的な多機能スケール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Roofus Revolutionizing Carpentry - 1

木工や鋼鉄製作、屋根配管などのお仕事や、DIYで重要な道具といえばスケールや分度器、水平器など・・・です。これらを使い分けるのは大変ですし、慣れないと正確な線を罫書けないですし。

そんな大工仕事の道具に革命を起こしたのが「Roofus Revolutionizing Carpentry」です。

・多機能スケール

Roofus Revolutionizing Carpentry - 2

Roofusは、正方形と、斜角、分度器、デジタルレベルとスピードスクエアの機能を備えたツールです。

これまで分度器を使って線を引いていたのが、Roofusの角度を決めて固定するだけで線が引けるんですよ。面の向きに関わらず角度を決め、線を引く。動画を見てもらうとわかりやすいですが、一連の動作がとてもスムーズなので、作業が捗るんです。

また、ツールの構成を変更することなく、物理的な正確な鉛直カット、45度の斜めカット、シートカットの線がけがけます。

もちろん2Dの水平器だって付いています。基準を変えられるので、どんな場所でも計れます。

・プロの現場で1年以上テスト

Roofus Revolutionizing Carpentry - 4

Roofusは、クラウドファンディングINDIEGOGOで出資を募っていて、170%を超える資金を集め商品化が決まっています。

気になる価格はスタンダードモデルが49$(約5,390円)、プロ版が89$(約9,790円)となっています。

Roofusは、プロの職人が使う道具です。なので、現場の作業に耐えられるかどうか、1年以上建築現場で試作品をテストし、製品化に至ったそうです。1mmの狂いでも許されない現場で、すべての工程で高精度な結果が得られるように務めたそうです。

現場で自信を持って使った道具です。プロの方はもちろん、DIYをよくやる方もチェックしてみてはいかがでしょうか?

橋本 憲太郎

Roofus Revolutionizing Carpentry | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。