体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社会的ニーズから読み解く!仕事に繋がる!役立つ!資格10選 (前編)

仕事につながりやすい資格とは、つまりは世の中に求められている資格。社会の動きから今、どんな資格をもつ人が必要とされているのか、ケイマナニュース編集部が注目する「仕事につながる」資格を2回に分けて5資格ずつご紹介します。まずは前編をお届けします。

通訳案内士

f:id:keimanahensyu:20170406194325j:plain

インバウンド・オリンピック需要とともにニーズ大の国家資格

インバウンドとは、訪日外国人旅行のこと。日本政府観光局(JNTO)の調査では2016年に日本を訪れた外国人旅行者は約2400万人と過去最高を記録。この10年で約3倍に増えています。背景にあるのは、外国人旅行者を増やし、日本を観光立国にしようという政府の施策により、さまざまな振興策がとられていること。

そんななかでニーズが増えている資格が、通訳案内士です。日本を訪れる外国人を案内して報酬を得るために必要な国家資格です。国家試験の受験資格の制限はありませんが、合格には語学力のほか、日本に関する幅広い知識が求められるので、スクールの受験対策講座で学ぶのが近道。資格取得後は旅行代理店などと契約して、フリーの通訳ガイドで働く人がほとんど。2020年に東京オリンピックを控え、資格取得者のニーズは今後ますます高くなっていくでしょう。

取得までの期間の目安

1年~

ペットシッター関連の資格

f:id:keimanahensyu:20170406194358j:plain

猫人気でさらなるニーズが期待できる!

ここ数年の猫ブームで、その経済効果は2兆円を超えるともいわれています。飼育数をみても猫は人気上昇中。一般社団法人ペットフード協会の「2016年 全国犬猫飼育実態調査」によると、推計飼育数は犬が987万8000匹、猫は984万7000匹と、猫が犬に迫りつつあります。犬と猫の飼育数は、2012年には約179万匹の差があったのが、犬の飼育数が年々減少し、約3万匹差にまで縮まったのです。近い将来には、猫が犬を逆転するかもしれません。

こうした猫人気を受け、要注目の仕事が、飼い主の留守中にペットの世話をするペットシッター。「猫は家につく」といわれているように、猫は住み慣れたところから環境が変わることを嫌がる傾向が強いとされています。そのため、飼い主が旅行などで留守にする際、愛猫をペットホテルに預けるよりも、家でペットシッターにケアしてもらいたいというニーズがあるのです。

そんな飼い主から専門家として信頼してもらうためにも、ペットの栄養、しつけ、疾病予防など幅広い知識を身につけ、その証明となる資格を取得しておきたいもの。資格は複数の団体が認定制度をもっていて、各団体の認定スクールで学ぶことで取得を目指せます。

取得までの期間の目安

6ヵ月~

介護職員初任者研修(ホームヘルパー)

f:id:keimanahensyu:20170406194524j:plain

超高齢社会の日本で介護の専門家はますます必要に

総務省統計局の発表によると、日本の総人口のなかで65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)は27.3%(2016年9月)と過去最高になりました。4人に1人が高齢者という超高齢社会となっています。日本の高齢者の人口は今後も増え続けると予測されており、2025年には高齢化率は30%を超えると見込まれています。つまり、この先、10年以内には3人に1人が高齢者という時代に突入してしまうのです。

1 2 3次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会