体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

D’ERLANGER、待望の8thアルバム通常盤に名曲「Loveanymore」の新録Ver.を収録

5月3日(水・祝)に約2年振りとなるオリジナルアルバム『J’aime La Vie』をリリースするD’ERLANGERが、その詳細とメジャーデビュー当時の写真とほぼ同じシチュエーションで撮影された新アーティスト写真を公開した。
D'ERLANGER (okmusic UP's)
アルバム『J’aime La Vie』は、初回限定盤デラックス・エディション(CD+DVD)と通常盤の2形態でのリリース。通常盤CDにのみボーナストラック「Loveanymore -J’aime La Vie version-」の収録が決定し、初回限定盤より1曲多い全11曲が収録される。

「Loveanymore」は、1990年のメジャーデビュー前から存在し、30年以上の歴史を持つ名曲で、現在も大切なタイミングにプレイされ、ファンに愛され続けている。D’ERLANGER加入前に、客席側で初めて触れたという現ヴォーカルのkyoは『当時からとても印象深い曲で、心の奥底にある感情を搾り出すかのようなバンドのプレイがとてもエモーショナルで、初めて聴いた時からとても印象深い曲』と語る。

ギターのCIPHERが16歳の時に作曲したというこの楽曲は、二代目ヴォーカルがオリジナルの作詞者だったが、kyoが1990年にオリジナルを元に全面的に書き換え、2007年の復活以降に更に手を加え、現在の歌詞に至っている。発表した音源としては、1991年にリリースしたライヴ・アルバム『MOON AND THE MEMORIES… THEENTERNITIES / LAST LIVE1』に収録のライヴ音源と、2008年リリースのシングル「柘榴」のカップリング曲として、スタジオレコーディングバージョンを発表していたが、今回は「Loveanymore -J’aime La Vie version-」として、新たに新録音。初めてオリジナルアルバムに収録される運びとなった。

また初回限定盤デラックス・エディションの特典DVDには、2007年から10年連続で12月24日のクリスマスイヴに開催されている限定ライヴ『KIDS BLUE STANDING SPECIAL』の貴重映像より、各年1曲をメンバーが厳選し、10年分の全10曲を年代順に収録! 更に、D’ERLANGER最新フォト・セッション映像も収録。また、初回限定盤は三方背BOX仕様で、全24ページの別冊フォト・ブックレットも付属する。歌詞ブックレットも通常盤と初回限定盤とでは異なる内容となっているので、こちらも見逃せない。

【D’ERLANGER kyo(Vo)よりコメント】
2007年4月22日、D’ERLANGERは日比谷野外音楽堂でのLIVEで再始動を本格的に始めました。

2017年5月3日、D’ERLANGERは8枚目のOriginal Album “J’aime La Vie”をリリースをします。

あの復活劇から10年。

“J’aime La Vie=我が人生を謳歌している”

というAlbumに出逢うなんて偶然でしょうか?

4人で歩んできた10年という道のり。

しっかりと踏みしめ、熱や想いを刻み込んできた先にあった、

“J’aime La Vie=我が人生を謳歌している”

必然ではないでしょうか?!

時にRock Bandは奇跡を創りあげます。

その瞬間をD’ERLANGERと共に感じてみませんか。

アルバム『J’aime La Vie』
2017年5月3日(水・祝)発売

【初回限定盤デラックス・エディション】(CD+DVD)

WPZL-31272/73/¥4,630+税

※24Pフォト・ブックレット付き三方背BOX仕様

<収録内容>

■DISC 1:CD

I Kilmister=Old NO.7

II Harlem Queen Complex

III Harlem Queen Romance

IV LOVE is GHOST

V バライロノセカイ-Le monde de la rose-

VI Je t’aime

VII Vanilla

VIII Mona Lisa

IX Everlasting Rose

X 沈む

■DISC2:DVD

[after the elapse of 10years…History of 2007~2016]

・dummy blue(2007.12.24 SHIBUYA-AX)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。