ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

2017年ヒット商品から見えてきた、現代のビジネスパーソンに「求められているもの」とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2017年ヒット商品から見えてきた、現代のビジネスパーソンに「求められているもの」とは?

多くの人に支持されているヒット商品、サービスは、今の世の中の流れや消費者の嗜好を色濃く反映しているものだ。新年度になり、新しい仕事に取り組んでいる人も多いだろうが、どんな仕事においても「これからのヒットの傾向」をつかんでおけば、的を射たビジネスアイディアが浮かび、自身の仕事に大いに活かせそうだ。

そこで、元『日経トレンディ』編集長で、現在は商品ジャーナリストとして活躍する北村森さんに、2017年のヒット商品の傾向を踏まえ、これからの動きを予測してもらった。

f:id:itorikoitoriko:20170407160829j:plain

北村 森さん

1992年に日経ホーム出版社(現・日経BP)に入社し、『日経トレンディ』『日経おとなのOFF』などの編集に携わり、2005年に『日経トレンディ』編集長に就任。2008年に商品ジャーナリストとして独立し、製品・サービスの評価、消費トレンドの分析を行うほか、地方自治体と連携し地域おこしのアドバイザー業務などに携わっている。著書に『ヒット商品航海記』(日本経済新聞出版社:共著)、自身の体験を元にしたノンフィクション『途中下車』(河出書房新社)など。

消費者が「ほしいと思っていなかったこと」「あきらめていたこと」に踏み込む

昨年から足元にかけて、明確に見えてきた「ヒットの傾向」が2つあります。

1つ目は、「消費者が欲しいと思っていなかったもの」に踏み込んでいること。

消費者ニーズとして顕在化している時点で、誰かほかの人がすでにそのニーズに応える商品づくりに着手しているはず。そこから一歩踏み込み、消費者が考えてもいなかったこと、もしくは「無理だろう」とあきらめていたことを実現できれば、誰もが驚き、心の奥底にあった消費欲が掘り起こされます。

例えば、ダイソン初のヘアドライヤー「Dyson Supersonicヘアードライヤー」は、大風量であっという間に髪が乾く点が支持されました。ロングヘアの女性の多くは、髪の毛を乾かすのに10分を優に超える時間をかけていましたが、「仕方ない」とあきらめていた人が多かったはず。しかし、このドライヤーを使えば7〜8分と半分ちょっとで乾かすことが可能です。48,600円~と高価ながら、「これならば惜しくない!」と多くの女性が殺到しました。f:id:itorikoitoriko:20170407161101j:plain

▲形状も特徴的な「Dyson Supersonicヘアードライヤー」

2つ目は、「○○はこうあるべき」という、作り手の主張が強く感じられること。

予想しない角度から「こうあるべきだ」と主張されると、人は心を動かされます。例えば、三重県のトマト農園「デアルケ」が発売する「極上200%トマトジュース」は「トマトジュースは糖度である」という旗印を掲げて大ヒットしました。2015年に人気に火が付き始め、昨年に大ブレイク、今も4カ月待ちの状態が続いています。先に挙げたダイソンのヘアドライヤーも、「ヘアドライヤーは大風量・短時間で乾かせるものであるべき」と主張しています。

これら2つの傾向からわかるのは、現在のヒットの条件は「マーケットイン」型ではなく「プロダクトアウト」型に回帰しているということ。すなわち、消費者が何を欲しているのかをのんきにリサーチしているようでは後れを取るだけであり、提供側の「この商品はこうあるべき」という思いを声高に主張してこそ、消費者は心を動かされるのです。

「長距離バスは安くてしんどいもの」を払しょくする「豪華完全個室バス」

以上2つの傾向に当てはまり、今年ヒットが期待できそうな商品、サービスをいくつかご紹介します。

今年のキーワードとして挙げられるのは、「豪華個室」。トレンドに敏感な方であれば、豪華寝台列車として話題のJR東日本「トランスイート四季島」(5月1日運行開始予定)、JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」(6月17日運行開始予定)を思い浮かべるかもしれませんね。確かにいずれも、「豪華列車旅」人気の火付け役となったJR九州の「ななつ星」に続くと期待されていますが、私が注目しているのは、長距離バス「ドリームスリーパー」です。

このバスは1台11席で、壁と扉で天井まで仕切られた「完全個室」。おおよそタタミ一畳分のスペースながら、ケーブルやコンセントはもちろん、プラズマクラスターイオン発生器やオーディオ設備も完備。窓は大きく開放感があり、旅情も十分感じさせてくれます。シートはほぼフラットに倒すことができるので、身体への負担もありません。バス内にはトイレ、パウダールームもあり、ほぼホテル仕様。私は池袋22:50発、大阪なんば6:40着の便を利用しましたが、長距離バスにありがちな「体バリバリ」になることはなく、到着後すぐに仕事ができました。

ここまで快適で、かつプライバシーを守ってくれる長距離バスは、まずありません。「長距離バスだから、深夜だから、窮屈でもプライバシーがなくても仕方ない」とあきらめていた消費者を、見事に裏切ってくれました。料金は20,000円(東京~大阪間。5月8日~6月30日の月~木は18,000円))と、新幹線のグリーン車よりも高い設定ですが、外国人観光客の急増でホテル料金が高騰している折、「新幹線+ホテル代を考えればこちらが得」と考える人は多いでしょう。

何より、「こんなバスに乗ったんだよ!」と誰かに語りたくなるのが高ポイント。「インスタ映え」というキーワードは今年もヒットの一要素ですが、思わず室内をパシャパシャ撮影し、SNSにアップしたくなるはずです。

f:id:itorikoitoriko:20170407160826j:plain

▲完全個室の「ドリームスリーパー」。4月1日からは「広島・福山~東京」も新設されている

「お手軽ドローン」の出現で、ドローンマーケットが変わる

消費者が「無理だろう」とあきらめていたことで言えば、今年は個人向けの「お手軽ドローン」にも注目です。

遠隔で無線操縦する「ドローン」は、個人でも気軽にダイナミックな空撮ができることから人気。昨年にかけて、個人向けの安価な小型ドローンが多数発売されましたが、操作性がいいとは言えず、一般の人には扱いが難しいものばかり。私もいくつかチャレンジしましたが、木々にぶつかったり、すぐ落下してしまったりして、撮れた動画は「激突映像」だけでした。誰もが「ドローンは練習が必要。素人が使いこなすのは難しい」とあきらめていたと思います。

そんな中、中国のZEROTECH社から発売されたドローン「DOBBY」は、操作性が非常に高いのが特徴。スマートフォンがコントローラーとなり、アプリ画面をワンタッチするだけで離陸、回転させたり、撮影したりすることが可能。199グラムと軽量で、ポケットにも収まるサイズである点も人気で、「個人向けドローンのマーケットを変える」と言われています。

価格は定価54,800円(税込)、実勢価格で50,000円前後とやや高価ですが、「気軽にインパクトある動画を撮って、インスタやYouTubeに上げたい」と考える人が購入し始めています。通常、集合写真を撮るときは「撮影者だけ集合写真に入れない」という悲劇を生みますが、ドローンなら撮影者も映ることが可能。ホームパーティーや同窓会、結婚式など活用範囲は大きく、今後さらに普及すると見ています。

f:id:itorikoitoriko:20170407160827j:plain

▲「DOBBY」は個人向けドローンマーケットを変えるか

高性能炊飯器、新品種米…2017年は「コメ」に追い風が吹く

昨今、いい悪いは別として、炭水化物を制限するダイエットがもてはやされおり、コメの消費は厳しい局面に立たされています。しかし、今年はコメ全体に今までにない追い風が吹いています。

昨年、愛知ドビーという名古屋の鋳造メーカーが作る炊飯鍋「バーミキュラ ライスポット」がヒットするとお伝えしましたが、現在3~4カ月待ちの大ヒット。そして、この2月には、自然の風を再現した扇風機や、極上のトーストが焼けるトースターなど数々のヒットを飛ばしたバルミューダが、電子炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」を出荷開始して話題を集めています。

そんな中、各地の「米どころ」から、鳴り物入りの「コメの新品種」が市場に投入されます。

コシヒカリの主要産地である新潟県からは、「新之助」が登場。コシヒカリとは異なる美味しさを持つ新品種で、今秋より一般販売予定を開始、6000トン程度の生産量が見込まれています。猛暑に強く、甘みと粘り、粒感があり、新しいブランドとして期待されています。富山県も「コシヒカリを超える新品種米」の開発に打って出て、2018年秋に「富富富(ふふふ)」を投入予定。こちらも粘りや食感、飽きの来ない味わいが支持されており、新たな有力ブランドに育つと期待されています。f:id:itorikoitoriko:20170407160851j:plain

▲いよいよ今秋に市場投入される新品種「新之助」

いずれも「日本の主食は、コメである」というプライドを感じさせるものであり、「コメは旨味と粘りである」という主張も強く感じさせます。最先端炊飯器の登場と相まって、注目を集める可能性は高いと見ています。

「スープは選ぶ楽しさがあるべき」と主張する「tabeteゆかりの」に注目

コメについて取り上げた後ですが、一方で炭水化物ダイエットの人気は根強く、今後は「スープ」がますます注目を集めると見ています。

スープは炭水化物ダイエットの救世主。野菜が多く取れるうえ、炭水化物がなくてもお腹も満たされます。昨夏からスープ専門店が増えつつあり、若い女性を中心に支持を集めていますが、私が注目しているのは、国分の「tabeteゆかりの」。これは、47都道府県のご当地鍋や汁物をフリーズドライスープにしたもので、例えば、岩手は「いちご煮風」、新潟は「のっぺ汁」、大阪は「肉吸い」など、その土地に根差した味になっています。

初めは「47種類も作って、果たして売れるの!?」と思いました。この商品の楽しさは、47都道府県すべての中から好みの1つを選び出すことにあり、店頭にラインナップ全てを置くのは難しいと思われたからです。しかし、「tabeteゆかりの」は主に百貨店の全国駅弁大会に展開したり、大手生活雑貨店が売り場に導入するなどして、人気を集めているのだとか。購入した駅弁と同じ土地のものや、自分の出身県のものなどを楽しそうに選び、買っていく人が多いのだそうです。「スープは“選ぶ楽しさ”があるべき」「日本に根ざしたゆかりの味を楽しむべき」という作り手の思いを強く感じる、消費者がワクワクできる商品だと思います。

f:id:itorikoitoriko:20170407160854j:plain

▲47都道府県のご当地スープがズラリ。選ぶ楽しさに溢れた「tabeteゆかりの」

壁にぶつかったときは、「何を変え、何を変えないか」を見極めよ

これらを含めた数々のヒット商品を見ていて思うのは、失敗したときに「何を変え、何を変えないかを見極める力」と、「発信力」の大切さ。

企画を練りに練り、研究開発を重ね、試行錯誤を繰り返したうえで自信を持って世に送り出しても、すぐに売れる商品なんてほんの一握り。多くがそのまま消えて行ってしまいます。

しかし中には、「初めはパッとしなかったものの、その後じわじわ売れて行った」ものもたくさんあります。これらの商品を取材したところ、売れない要因と真摯に向き合い、変えるべきもの、残すべきものを見極め、軌道修正した結果、火が付いたものばかりでした。

例えば、岐阜の寝具・インテリア製品メーカーのエストが発売している“おしゃれマスク”「エストクチュール」は、1枚約1,000円と高価ながら、レース柄、キャラクター柄などのおしゃれな柄が受け、月に1万枚以上売れています。

ただ、当初はどこの問屋に持ち込んでも「こんな高いもの売れない。ニーズもない」と門前払いを食らったのだそう。そこで担当者は現状を冷静に見直し、「既存の流通に乗せても売れない」と判断、自社でネットショップを開設し、若いギャル風女性をモデルにマスク姿を撮影。「マスクもおしゃれに着替えたい」「マスクを楽しむ春が来た」などキャッチも工夫したことで、女子高生を中心に一気に火が付きました。すなわち、同社が変えたものは「既存の流通」、変えなかったものは「価格」「デザイン」でした。

f:id:itorikoitoriko:20170407160852j:plain

▲画像、キャッチコピーにこだわり、ターゲットに「エストクチュール」を訴求

この発想は、どの仕事においても共通するものです。例えば、「頑張って練り上げた渾身の企画が通らない」、「一生懸命取り組んだプロジェクトなのに途中でとん挫しそう」などの状況に陥った時、一からすべて見直してしまっては今までの労力が水の泡。今までの経験を活かしながら、変えられる部分を見極めて、次の手を打つ。この発想がますます求められる時代になると感じています。

伝わらなければ、存在しないのと同じ。ビジネスパーソンも「発信力」が重要

また、日本においては「いいものを作ればいつか必ず評価される」という感覚が未だに根強く残っていますが、今の時代はそうではありません。たくさんの商品、サービスが世に出され、ネットを中心に情報が氾濫している中、いくら「いいもの」であっても、「これはこういう理由で“いい”のである」と伝え切らなければ、誰にも気づいてもらえません。

前述した「エストクチュール」からは、発信力の大切さも学べます。「伝わらなければ、存在しないのと一緒」という担当者の危機感をもとに、「マスクもおしゃれに着替えたい」という他の商品には置き換え不可能のキャッチコピーをつけ、写真のクオリティーにもこだわり、ターゲットである「若いギャル」に向けて徹底的に発信し尽くしました。

この「発信力」は、もちろん新商品、新サービスにおいても重要ですが、日々の仕事においても意識するべきだと思っています。

「頑張って仕事に取り組んでいれば、その姿を誰かが必ず見てくれている」という時代ではありません。働き過ぎが社会問題化しており、労働時間の短縮化が進んでいる今、部下の成果は見ても、「働く姿勢・プロセス」までは見る時間がない…という上司が否応なく増えると予想されます。

手掛けている仕事の内容、挙げた成果は、どんどん発信し、主張すること。これが手柄を他人に奪われず自分を守り、成果を世に出すチャンスを高める有効な手段だと私は思います。

f:id:itorikoitoriko:20170407160828j:plain

EDIT&WRITING:伊藤理子 PHOTO:刑部友康

関連記事リンク(外部サイト)

【マンガ】ワンマン社長、出会いと別れのお花見
入国拒否に強盗襲撃…自転車旅はトラブル続き。だけどやめようとは決して思わない――“自転車冒険家”西川昌徳の「僕が自転車で世界を旅する理由」 season1
「結局何が言いたいの?」と返されないための5つの会話術

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。