体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「珍国の女王」が100以上の国と地域を訪問。心配性で方向音痴な彼女が見た景色とは/高井英子

こんにちは、コンテンツディレクターの阿部サキソフォンです。ある日、編集長から一冊の本を渡されました。タイトルは「珍国の女王」。珍しい国、と書いて「珍国」…あまり聞きなれない言葉ですが、どうやらこの本は「女王」が執筆されたようです。

ちらっと見ただけでも、絶対にガイドブックなんかが売られていない国の名前ばかり。さすが女王、信じられないくらいの数々の光景を目の当たりにし、人とは違う経験をしていました。

ただ自ら珍国の女王と名乗るのだから、さぞかし根っからの旅人気質なのかと思いきや、「旅の途中で帰りたくなる」「何度も辞めようとした」など、どうやら私たちと似た部分も多くあるようです。そこで、気になるお話を「女王」本人にお聞きしてみました!

 

Q.お名前を教えてください。

高井 英子(タカイ ヒデコ)と申します。

 

Q.珍国の女王の名前の由来は?

・珍国→普段耳にする機会が少ない珍しい国ばかりに行っているから。

・女王→西ヨーロッパを訪れた時に、何度も「どこかの国の女王に似ている」と言われ嬉しかったから。

インパクトも強いだろうと、単純にこの組み合わせにしてみました。

 

Q.なぜ珍国ばかり訪れるのですか?

仕事だからです。

 

Q.年にどれくらい旅をしていますか?

ほぼ毎月、長い時は1回の旅行で月の半分以上旅をしています。旅と旅の間が2日しか空かない時も。

 

Q.一番想像とのギャップがあった国は?

「珍国の女王」が100以上の国と地域を訪問。心配性で方向音痴な彼女が見た景色とは/高井英子

「トルクメニスタン」独裁国家と聞いていましたので、何かと規制が厳しく融通がきかない国と思っていましたが、人々はフレンドリーで明るく、食事も美味しいです。初代大統領がメロンが大好物だったため、メロン記念日があります。

特にロシア系の血が入る女性の美しさには圧倒されます。街が豪華で綺麗だったのに驚きでした。また、白亜街の景観は圧巻。バス停は近代的なドーム型の建物で冷暖房付き、売店までありました。そして日本車が多い。目に入るもの全てが斬新かつ大胆に見えました。

 

Q.日本人に訪れてほしい国は?

「珍国の女王」が100以上の国と地域を訪問。心配性で方向音痴な彼女が見た景色とは/高井英子

太平洋の島々です。特にソロモン諸島。太平洋戦争時代の戦跡が多数あります。ガダルカナル島のアウスティン山には日本の慰霊碑があります。そして車で20分ほどの走ったスカイライン・リッジにはアメリカの慰霊碑があります。

この二国の慰霊碑は向かい合うようにして建っています。

 

Q.女性でも安心して行ける珍国は?

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。