体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『小学一年生』付録にサンプラー!?編集長に色々聞いてみた

『小学一年生』付録にサンプラー!?編集長に色々聞いてみた

ぴっかぴかの1年生に送る学習雑誌『小学一年生』5月号(小学館)の特別付録があまりに豪華だということで話題になっています。

【すべての画像や動画はこちら】

実は『小学一年生』の付録は今回だけでなく、度々その豪華さに注目されているんです。2008年には指先に装着してどこでもピアノが弾けてしまうという「どこでも ゆびピアノドレミくん」。昨年2016年は蓋の部分が電子ピアノになっている「ドレミファ ピアノ ペンケース」が付録になりテクノマシーンに改造する強者まで。

そして2017年は何と、自分の声や音を録音すると鍵盤から発せられる音にしてドレミファが弾けてしまうという「うたって!こえピアノ」が5月号に付録され、実際に買いに行った大人が次々に現れてしまうほど超話題になっているんですよ。

さらに、昨年ピアノペンケースを改造したBakaOscillator(バカオシレーター)さんが今回も出力用とマイク用のジャックを取り付けけ、機材と接続を可能にした改造を施して小学館公式サイトで紹介されています。

人気YouTuberのHIKAKINさんは早速使用感を動画で報告しており、多くのファンが注目。プロのピアニスト・牛田智大さんもピアノ演奏とのコラボを自身のFacebookにて公開しているほど。というわけで、今回は『小学一年生』の渡辺編集長にお話を聞いてみました!
『小学一年生』付録にサンプラー!?編集長に色々聞いてみた学習雑誌『小学一年生』5月号表紙

■各界の注目人物らも紹介

──「うたって!こえピアノ」を付録にしたきっかけを教えてください。

音もののふろくは定番のひとつです。子どもは音が出るものが好きですし、1年生になるとほとんどの学校で「鍵盤ハーモニカ」(いわゆるピアニカ)を習うので鍵盤に親しむことは学習にも繋がります。

以前から『小学一年生』のふろくは豪華だと話題にしていただくことが多かったのですが、今年度からはさらにすごいふろくを付けていこうと決め、単にピアノが弾けるだけでなく、より楽しげな子どもたちが絶対に遊びたくなるような機能を加えたいと考えました。

そんな思いの中、ふろくについて編集部で会議をしていた際「自分の声を録音して、その声で弾けるピアノができないか」という案が出ました。
市販の本格的なキーボード等ではそういうことができるものがあることは知っていましたが、ふろくのコストの中でできてしまったことは、プランを出しておきながらも自分たちでも驚いているぐらいです。

──楽しみながら学んでいける付録なのですね。

そうですね。そしてこの「こえピアノ」の編集部からの狙いはもうひとつあって、お子さん同士の「コミュニケーションツール」になってほしいということです。これに声を入れて弾いたら、おもしろくて絶対に家族や友達にも聞かせたくなる。新しい友達に出会う新学期のふろくなので、そんなシーンも想像して今回の実施を決定しました

──ところで、HIKAKINさんの紹介動画で付属のドラえもんフィギュアがピアノに固定されないとありましたが、こちらにはどんな役割があるのでしょうか?

ドラえもんフィギュアには「音量調節」の機能を持たせています。レールをスライドさせて、スピーカーの穴の上にドラえもんを置くことで、穴がふさがれて音が小さくなる……という、きわめてアナログな方法で音量調節ができます。

これまでも音が鳴るふろくを付ける際に「音が大きすぎるときは、スピーカーの穴をセロハンテープ等でふさいでください」といった注釈を記すことがありました。今回はその役目をドラえもんに担ってもらったというわけです。あとはとにかく、見た目の楽しさのためです。先に「ピアノだけじゃなく、歌うドラえもんのフィギュアを付けたい」という私のこだわりがあって、音量調節にも使えることにしようというのは「せっかくならドラえもんにも機能を付けたい」と後から考えたアイデアです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会