ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

WINNER、自身初のシングルパッケージ「FATE NUMBER FOR」5/31リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
WINNER、自身初のシングルパッケージ「FATE NUMBER FOR」5/31リリース

BIGBANG、PSY、iKONら多くの実力派アーティストが所属するYG ENTERTAINMENTのボーイズグループ・WINNER。昨年は全4都市9公演3万6千人動員のツアー「2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN」を大盛況の中締めくくった彼らが、約1年振りのカムバックで自身初となるシングルパッケージ「FATE NUMBER FOR」を5月31日にリリースする。

「FATE NUMBER FOR」にはダブルタイトル曲となる「REALLY REALLY」「FOOL」の日本語バージョンと韓国バージョンの全4曲が収録。「REALLY REALLY」はWINNERのメンバーが作詞・作曲に参加、新たな恋のときめきを表現した楽曲でリフレインの中毒性あるメロディーとトロピカルサウンドが耳を引きつける。「FOOL」はカン・スンユンとYGのプロデューサーAirplayによる共同制作で、離れていった恋人を思う切ない感情をWINNER特有の切ないヴォーカルで表現している。

この「FATE NUMBER FOR」は4月4日に韓国で配信される否やMelOn、Bugs、olleh、monkey3、genie、NAVERミュージック、soribadaなど7サイトで1位を記録。海外での人気はさらに熱く、ブルネイ共和国、コロンビア、フィンランド、ギリシャ、グアテマラ、香港、インドネシア、カザフスタン、マカオ、マレーシア、メキシコ、ノルウェーなどを含む最大21か国で、iTunesアルバムチャート1位を席巻し、グローバルな人気を知らしめている。

また米国LAオールロケで撮影された「REALLY REALLY -KR Ver.-」と「FOOL -KR Ver.-」のミュージック・ビデオも音源と共に公開された。7日13:00現在、それぞれの再生回数は446万回、326万回、あわせて772万回と急激に上昇中で、久々のWINNERのカムバックを待ちわびていたファンの注目度がうかがえる。今作のシングルパッケージのDVD付の形態には、上記ミュージックビデオやメイキングはもちろん、ハウステンボスでのオフに密着した「WINNER’S HOLIDAY at Huis Ten Bosch」も収録した超豪華内容となっている。

5月には2014年春に行われた「Hello!WINNER」以来2回目となるファンイベント「WINNER FANEVENT 2017 IN JAPAN」を開催する。5月3日愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、5月4日大阪・大阪NHKホール、5月17日(水)東京・中野サンプラザの全3都市6公演のファンイベント。イベントは、メンバー4人のトークセッションやゲームコーナーなどメンバーの素顔が垣間みられるものから、ライブパフォーマンスまで約1.5時間に及ぶ充実した内容になる模様だ。

シングル「FATE NUMBER FOR」収録内容
CD(AVCY-58490/B)
・REALLY REALLY
・FOOL
・REALLY REALLY -KR Ver.-
・FOOL -KR Ver.-
DVD(AVCY-58490/B)
MUSIC VIDEO
・REALLY REALLY
・FOOL
・REALLY REALLY -KR Ver.-
・FOOL -KR Ver.-
BEHIND THE SCENES
・REALLY REALLY -KR Ver.-
・FOOL -KR Ver.-
WINNER’S HOLIDAY at Huis Ten Bosch

CD(AVCY-58491)
・REALLY REALLY
・FOOL
・REALLY REALLY -KR Ver.-
・FOOL -KR Ver.-
・REALLY REALLY -inst.-
・FOOL -inst.-

リリース情報
シングル「FATE NUMBER FOR」
2017年5月31日発売
(CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック)AVCY-58490/B 2,700円+税
(CD+スマプラミュージック)AVCY-58491 1,300円+税

関連リンク

WINNER オフィシャルサイトhttp://ygex.jp/winner/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。