体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニーが渋谷にオープンする情報発信拠点「Sony Square Shibuya Project」、4月は音楽の企画展を実施

ソニーが渋谷にオープンする情報発信拠点「Sony Square Shibuya Project」、4月は音楽の企画展を実施

ソニーは4月8日、東京・渋谷モディの1階に、新しい情報発信拠点「Sony Square Shibuya Project」(日本語表記:ソニースクエア渋谷プロジェクト)をオープンする。

Sony Square Shibuya Projectは、ソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツなどを掛け合わせることで、ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることをめざして開設されるスペース。

この展示は、1〜2か月毎に更新されるテーマに基づいた企画展示となり、定期的に変更される。製品のデモンストレーションにとどまらず、インタラクティブな参加型の体験や、エンタテインメントやテクノロジーに関連したワークショップ、エンタテイメントコンテンツと開発中の技術を融合させたユニークな体験型展示など、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供する。

オープニングの4月は「音楽」をテーマに「Music Crossroads」と題した企画を展示する。

Sony Square Shibuya Project 概要
2017年4月8日(土)オープン
東京・渋谷モディ 1階
営業時間:11:00〜21:00 ※年中無休、但し1月1日除く
Sony Square Shibuya Project サイト:http://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/

第1弾企画「Music Crossroads」
「アーティスト × テクノロジー」「アナログ × デジタル」など、ソニーならではの視点とソニーグループが有する幅広いアセットにより、音楽のさまざまな楽しみ方を掛け合わせたユニークな企画です。
開催期間:2017年4月8日(土)〜 5月31日(水)予定

Contents.1「交差点×BEAT 」
渋谷の街を音楽にしよう!渋谷モディ前の交差点に設置されている「ソニービジョン渋谷」のカメラスルー映像を楽器にみたて、交差点を「演奏」できる体験型展示。Sony Square Shibuya Project内に設置されたタッチディスプレイには、渋谷モディ前の交差点のライブ映像を投影、それをターンテーブルにみたて、指先で叩いたり、スクラッチしたりすることでビートを刻むことができます。
「Sony Square Shibuya Project」と「ソニービジョン渋谷」を大胆につなぎ、大きなスケールで今までにない音体験を提供します。
【スペシャルパフォーマンス映像】
ブレイクビーツユニットHIFANAによるスペシャルパフォーマンス映像!
「ソニービジョン渋谷」にて4月16日(日)公開予定!

Contents.2「レコード×ハイレゾ」
近年再ブームとなっているアナログレコードの魅力にはまる!話題の新譜アナログレコードと名盤を取り揃えて、ジャケットデザインを楽しんで頂くとともに、実際に針を落として試聴が出来ます。レコードプレイヤー「PS-HX500」はアナログレコードの温もりのある豊かなサウンドを再生できるだけでなく、原音に限りなく忠実にデジタル変換したハイレゾ音源との聴き比べも楽しめます。
<体験できるソニー製品>
ステレオレコードプレーヤー PS-HX500、ウォークマン NW-WM1Z、ウォークマン NW-WM1A 、ヘッドホン MDR-Z1R 、ヘッドホン MDR-1000X 、DAC内蔵ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES など
<アーティスト一覧>
ASIAN KUNG-FU GENERATION、YUKI、 ユニコーン、電気グルーヴ、デヴィッド・ボウイ、
マイケル・ジャクソン、ピンク・フロイド 他

Contents.3「ジャケットアート×衝動」
思わずジャケ買いしてしまった「私のベスト5 レコード・ジャケット」をアーティストやタレントたちがリレー形式でご紹介。「あの人」のジャケ買い衝動コメントもお楽しみいただけます。
【コラボレーションアーティスト】
第1弾:4月8日(土)〜4月23日(日)
ANI(スチャダラパー)/小峠英二(バイきんぐ)
第2弾:4月24日(月)〜5月9日(火)
Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/石野卓球(電気グルーヴ)
第3弾:5月10日(水)〜5月31日(水)
随時更新予定!

Contents.4「MESH×楽器」
MESH(メッシュ)という、明るさセンサーや動きの感知など一つ一つ異なる機能をもつ、小さなブロック形状の電子タグを使ったオリジナル楽器をタッチ&トライできます。動きや明るさを感知するMESHタグが反応して、色々な音が出る仕組みを使い、今回はギターと、トランペットを作ってみました。MESHで簡単に作れるオリジナル楽器の仕組みをスタッフがご紹介します。
※4月27日(木)終了予定
4月後半から登場するNewコンテンツ
4月後半には初回テーマ「Music Crossroads」の展示一部を入れ替え、日本初公開や「ここだけ」の限定コンテンツ、レコードストアデイ前夜祭等、音楽のさまざまな楽しみ方を掛け合わせたユニークな企画を予定しています。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会