体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗の魚屋さんが教える、お手軽「おつまみいなり寿司」【今週はお花見レシピ】

f:id:sakanaya-sandaime:20170330110901j:plain

焼いて、ほぐして、酢飯と混ぜて、いなり揚げに詰めるだけ!

今週は「お花見レシピWEEK」ということで春の彩り、桜の彩り、お花見いなりを作ったよ。

いなり寿司の具は、さばの文化干しをメインに2種類。1つは明太子を混ぜて桜色にし、もう1つはインゲンを混ぜて葉桜をイメージしてみました。あっ! いなり揚げは市販品!! すし酢もスーパーで買ってきちゃった。だから本当に焼いてほぐして混ぜる、そして詰めるだけ。とっても簡単でおいしいよ。

魚屋三代目の「焼き鯖いなり」

【材料】作りやすい量(いなり10個分)

さばの文化干し(塩さば) 1枚/半身 いなり揚げ(味付き) 10枚(1パック10枚入りが多いです) ごはん 400~450g(お茶碗3杯弱くらい) インゲン豆 4~5本(ゆでて小さく斜め切り) 明太子(ほぐす) 30g 炒りごま(白) 大さじ1 すし酢(市販品) 適量 桜でんぶ お好みで 万能ネギ お好みで わさび お好みで

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170330110907j:plain

1. さばの文化干し(頭がついている場合は切り落とし、焼きやすいように切り身にします)を魚焼きグリルなどで焼き、皮や骨などを取り除いてほぐして半分に分けておきます。塩少々を加えてゆでたインゲンを切り、明太子も薄皮を取ってほぐしておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170330110909j:plain f:id:sakanaya-sandaime:20170330110913j:plain

2. ごはんにすし酢を加え、うちわなどであおぎながら切るようによく混ぜ、半分ずつに分けておきます。1つにはインゲンとほぐしたさば、炒りごまを加え、もう1つには明太子とほぐしたさばを加えてよく混ぜておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170330110920j:plain

3. いなり揚げに2を詰めて器に盛り付け、お好みで万能ネギ、桜でんぶ、わさびを添えます。

大人味&お酒好きな方には「さばへしこ」が魚屋のオススメ!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。