ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

毎日新しい発見を!レトロな街に住みたいなら「雑色駅」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
毎日新しい発見を!レトロな街に住みたいなら「雑色駅」

「東京23区に住んでいます!」というとなんだかかっこいいですよね!
東京23区に住みたいけれど、“生活感・懐かしさを感じたい”・“元気な子どもが住んでいそうな場所がいい”と思う方もいるのでは?
今回は、みんなの知らないマイナー、でも実はいい街である『雑色』を紹介します。

レトロな町並み、子供からお年寄りまで幅広い年齢層でにぎわう商店街。
ここは、東京都大田区。京急本線の雑色(ぞうしき)駅。
蒲田や川崎といった大きな街が近くにありながらも、学校や病院などの施設も充実している古き良き街。
改札をぬけると、二階建ての店が並ぶ商店街がつづく。
コンビニエンスストアやファストフード店もある中で、昔ながらのカフェや駄菓子屋・お惣菜屋さんなどはお洒落な佇まいが一際目をひきます。
そのなかでも『古き良き街』をテーマにいくつかのお店をたずねてみました。
・鳥喜

01

花冷えの頃、雑色さくらまつりも開催されるこの時期の15時頃。「いつもの!」と頼む小学生が何組も来るこの光景に思わずほっこり。一本注文すると「今日は寒いねぇ、暖めるかい?」と優しい笑顔で焼きなおしてくれました。たっぷりのタレでいただく串は最高です。買い物で声を交わすあたたかさは商店街ならではの光景ではないでしょうか。
・秩父屋豆腐店

02

雑色駅から北へ進むと昔ながらの雰囲気を醸し出す、秩父屋豆腐店があります。
戦後すぐからつづいてきた手作り豆腐店だそう。店主さんは手作りへのこだわりや、同じように長くつづく商店街のお店を教えてくれました。
・ドーナツの高橋商店

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。