体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleの社内プロジェクトで作られた音声メッセージを絵文字とテキストに自動変換できるチャットアプリ「Supersonic」

音声を絵文字とテキストで変換する「Supersonic」Googleは、勤務時間の20%を自分のプロジェクトに充てるという独自の勤務ルール「20%タイム」が設けられていることで知られている。

2016年には、社内起業を推進する取り組みとして、事業アイデアを持つGoogleの社員が数ヶ月間、その事業化に専念できる、社内インキュベーションプログラム「Area 120」を創設している。

・音声メッセージを絵文字とテキストに変換

スマホアプリ「Supersonic」の画面サンプル「Supersonic(スーパーソニック)」は、「Area 120」を通じて開発されたチャットアプリ。

音声メッセージを絵文字入りのテキストメッセージにリアルタイムで自動変換できるのが特徴だ。

ユーザーがアプリを立ち上げ、マイクボタンをオンにしてメッセージを録音すると、音声がテキストと絵文字に変換され、チャット画面に表示される。

また、音声メッセージは、テキストや絵文字に変換された後も、再生することが可能だ。

・通話とテキストの中間みたいなコミュニケーションツール

「Supersonic」は、AndroidアプリとiOS対応アプリとしてリリースされており、英語にのみ対応。

通話とテキストメッセージとの中間のようなコミュニケーションツールとして、興味深い試みだ。

Supersonic

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。