体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモがV-Highマルチメディア放送“モバキャス”で提供される『NOTTV』視聴に対応するスマートフォンとタブレットを発表

ドコモがV-Highマルチメディア放送“モバキャス”で提供される『NOTTV』視聴に対応するスマートフォンとタブレットを発表

NTTドコモは、mmbiと共同で『NOTTV開局・NTTドコモ新商品発表会』を開催。mmbiが4月1日から携帯端末向けのV-Highマルチメディア放送“モバキャス”で提供する『NOTTV(ノッティーヴィー)』の視聴に対応するAndroidスマートフォンとタブレットを発表しました。スマートフォン『AQUOS PHONE SH-06D』は3月、タブレット『MEDIAS TAB N-06D』は4月に発売を予定。2012年度上期にはさらに5機種の対応端末を発売し、ラインアップを拡充していきます。

『NOTTV』のコンセプト

『NOTTV』は、通常のテレビ放送と同様の“リアルタイム型放送”と、放送後の番組を見たり電子書籍やアプリなどのコンテンツをダウンロードできる“蓄積型放送”が視聴できるスマートフォン向け放送局。月額420円(税込み)で4月1日からサービスを提供します。

『AQUOS PHONE SH-06D』を発表

『AQUOS PHONE SH-06D』は、4.5インチのHD(1280×720)ディスプレー、デュアルコアCPUを搭載するAndroidスマートフォン。ディスプレーは3D対応で、『NOTTV』が配信する3D番組をメガネなしで視聴することもできます。

ディスプレー面 背面

Android OSのバージョンは2.3.5、CPUは1.2GHzの『OMAP 4460』デュアルコア、内蔵メモリー容量は8GB、バッテリー容量は1520mAh。防水、ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線に対応します。

専用卓上ホルダーが付属

『NOTTV』の受信感度を上げるアンテナを搭載した卓上ホルダーが付属。本体を横置きすると、『NOTTV』アプリや『YouTube』、ワンセグ、ピクチャービューワー、ブラウザをタッチして起動できる専用の『チャージングメニュー』を利用できます。

『AQUOS PHONE SH-06D』主な仕様
本体サイズ:約W66×H128×D11.8mm
重量:約145g
連続待ち受け時間(3G/GSM):約420時間/約290時間
連続通話時間(3G/GSM):約300分/約450分
ディスプレー:約4.5インチ 720×1280ドットHD NewモバイルASV液晶 1677万色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:CMOS 有効画素数約800万/記録画素数約800万
インカメラ:CMOS 有効画素数約32万/記録画素数約31万
CPU:OMAP4460/1.2GHz デュアルコア
Android OS:2.3
Wi-Fiテザリング:5台まで対応
Bluetooth:3.0+EDR
ワンセグ:対応
赤外線通信:対応
おサイフケータイ:対応
防水:対応
カラー:Magenta Red、Blue Black、White

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。