ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

低価格でも動体検知機能付きドライブレコーダー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
低価格でも動体検知機能付きドライブレコーダー

1万円を下回る手頃な価格ながら、HD画質(1280×720/30fps)の映像に加えて、2.0型モニターや動体検知機能を搭載するなど、充実した機能を備えるドライブレコーダーがエフ・アール・シーの「FT-DR ZERO W」です。安さを追求したオートバックスで人気NO.1のドライブレコーダーになります。

おすすめ低価格ドライブレコーダー

しかも、レンズの周りに赤外線LEDを配置しており、真っ暗闇でも撮影が可能。動体検知機能と組み合わせると防犯用途にも使えます。最初の1台におすすめの低価格ドライブレコーダー。実勢価格は7,500円です。

まずは、ドライブレコーダーとして昼間の走行を録画してみました。対角125度とあまり無理をしない画角のため、周辺の歪みが少ないのはうれしい点。フルHDに比べると画質に粗さがあります。

夜間の走行も録画してみましたが、全体的に露出を明るめに補正して、風景全体を映し出す傾向でした。いすれにしても、証拠撮りとしては十分実用になるなレベルといえるでしょう。

ドライブレコーダーに赤外線LED

サイズが約74W×52H×19Dmmで重さ約52gの本体は、手の平に乗るほどコンパクトな設計。レンズの周りに6個の赤外線LEDライトを装備しています。赤外線LEDライトの有効範囲は約1mです。さっそくドライブレコーダーの防犯機能を試してみました。

画面上に変化があると録画を開始する動体検知機能は、人物がフレームの端から入ってくると、一瞬遅れて自動で録画を開始。そして、15秒ほどで停止する仕組みになっています。

夜間でも撮影したところ、赤外線LEDにより真っ暗闇でも、カメラ前面の物体を照らし出しました。約1m前に立った人物なら鮮明に映し出します。今回の環境では、1.5m程度までなら撮影できました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。