ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【鹿児島最新旅レポ】 鹿児島ご当地スイーツ「しろくま」ビル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

IMG_1349
もしグルメ通なら、鹿児島といえば、しろくま、をイメージされる方は多いのではないでしょうか。
鹿児島のしろくま(白熊、白くま)とは、一般的に、かき氷の上に砂糖入りの練乳がかかった、缶詰などのフルーツが盛り付けてあって小豆あんがのっている氷菓子です。この“氷白熊”の本家、天文館むじゃきのホームページによると、“一般的に「白熊」とは、削りたての氷に練乳をかけ、フルーツや豆類を盛り付けたかき氷の事を言います。”とあります。
近ごろ、このしろくま、鹿児島市内の喫茶店などにとどまらず、カップ入りやアイスバー状になって、全国コンビニエンスストアなどでも見かけるようになりました。
それでもやはり本場は、鹿児島。鹿児島市が発祥です。
特に、鹿児島市にある「天文館むじゃき」が発祥といわれています。元祖のお店、というとこじんまりとした喫茶店などの店構えを想像しそうですが、この天文館むじゃきはまるで一大ビル。喫茶はもちろん、洋食屋居酒屋まであり、メシからスイーツまでとことん味わえてしまいます。店頭にある巨大な白いクマ、白熊のオブジェも、観光客なら思わず写真で撮ってしまいそうなオブジェ。
しかも、しろくまにしても、1種類にとどまらず、プリンやヨーグルトをのせるなど、さまざまなメニューから選べます。ミニサイズとレギュラーサイズがあるものの、真夏でもない限り、ミニサイズでも十分な大きさ。お土産にも、白熊の冷凍パックをはじめ、グッズもありとあらゆるたくさんあります。鹿児島で実感、「しろくま、恐るべし」です。
DSC_8855
IMG_1345
IMG_1346
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

香川県の雑煮は白味噌に○○!? 「日本全国お雑煮マップ」から和食を考える
【えひめ最新レポ】愛媛でしか食べられないスペシャル「かき氷」一挙公開
日本一高いビル限定 あの「パインアメ」ソフトクリームが人気!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。