ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『攻殻機動隊』新アニメ制作決定 監督は神山健治・荒牧伸志の二人

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『攻殻機動隊』新アニメ制作決定 監督は神山健治・荒牧伸志の二人

 士郎正宗の『攻殻機動隊』(講談社 KCデラックス刊)を原作にした新作アニメーションの制作が決定した。アニメシリーズを手がける株式会社プロダクション・アイジーが4月7日発表した。

【すべての画像や動画はこちら】

 発表された新作アニメーションは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ、『イノセンス』、『攻殻機動隊 ARISE』、『攻殻機動隊 新劇場版』に続くアニメーション『攻殻機動隊』の最新作となる。

 監督は、士郎正宗原作のアニメーション作品の監督を経験した、神山健治(『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ監督)と荒牧伸志(『アップルシード』・『アップルシード アルファ』監督)が担当。

 同社広報担当者は今発表について、開示できるのは「制作決定」と「監督名」のみとしており、続報にて今後適時明らかにされる。

 なお、4月7日にはハリウッド版の攻殻機動隊『ゴースト・イン・ザ・シェル』が日本で劇場公開されている。

【アニメーション作品について】
◇タイトル:未定
◇スタッフ
原作: 士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KC デラックス刊)
監督:神山健治・荒牧伸志
制作:Production I.G
◇展開時期:未定




関連記事リンク(外部サイト)

『ユーリ!!! on ICE』と聖地・唐津市コラボが1月たった結果→地域ぐるみで「勇利の地元感」出してくれてた
『ダンまち外伝』生放送特番決定 AbemaTVで4月14日
『うる星やつら』『北斗の拳』AbemaTVで4月22日から放送

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。