体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“世界で初めての本当に新しいメディア”NOTTV開局・ドコモ新商品発表会レポート

NOTTV開局

2月16日、mmbiはスマートフォン向け放送局『NOTTV(ノッティーヴィー)』の開局を発表。従来のテレビ放送とは違う新しいサービスが2012年4月1日から始まります。同時に『NOTTV』に対応するスマートフォン『AQUOS PHONE SH-06D』を3月に、タブレット『MEDIASTAB N-O6D』を4月に発売もNTTドコモから発表されました。

二木治成氏 NOTTVサービス

『NOTTV』とはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でオリジナル番組などが楽しめるサービス。月額420円(税込み)の利用料で従来のテレビ放送のような“リアルタイム視聴(リアルタイム型放送)”と、自分の好きな時間に好きな番組・コンテンツを見られる“シフトタイム視聴(蓄積型放送)”をすることができます。発表会ではmmbi代表取締役社長 二木治成氏がその概要を説明し、2012年度契約数は100万台を目指すと宣言しました。

小牧次郎氏 スタジアムで他チームチェック

続いてmmbi常務取締役 小牧次郎氏が詳しいサービスの内容について説明。スマートフォンをいつでも持ち運びできる小型コンピューターととらえ、「NOTTVは何を放送すべきか」と題し、『NOTTV』ならではの魅力について語りました。生放送週間284時間リアルタイムで、記者会見も生放送ノーカットで放送されるニュース、Jリーグスタジアムで他チームの様子をチェックできるスポーツ中継などを実現させました。アニメや映画も視聴者に“初めて”を体験できるように考えられています。災害情報も地上波放送のため回線混雑に煩わされずに瞬時に絶対に見られると断言。『NOTTV』の重要性もアピールしました。

磯山さやかさん&加藤夏希さん

『NOTTV』の7時間ぶっ通しオリジナル生放送番組MCの押切もえさん、敦志さん、加藤夏希さん、磯山さやかさん、宮地真緒さん、赤井沙希さんが登場し、各々の番組への意気込みを発表しました。7時間という長時間に渡って生放送でMCをやるということに対して、磯山さやかさんは「最後『老けたね』と言われないように楽しくやっていきたい」と発言するなど、皆さん生放送ならではのフレッシュさと、いつでもちょこちょこ見に来れるような気軽な楽しさを伝えられる番組にしたいとのことでした。

丸山誠治氏
1 2次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。