体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リノベオブザイヤー受賞の素敵リノベ実例[4] 商店街に現れる「アーケードハウス」

リノベオブザイヤー受賞の素敵リノベ実例[4] 商店街に現れる「アーケードハウス」

“その年を代表するリノベーション作品”を決める「リノベーション・オブ・ザ・イヤー」。『ひと気のない薄暗いアーケードにともされた、暮らしの明かりに衝撃を受けた』そんな審査員評を受けて、2016年度のリノベーション・オブ・ザ・イヤー(主催:一般社団法人リノベーション住宅推進協議会)の総合グランプリに輝いた福岡県行橋市のリノベーション物件「アーケードハウス」。単にデザインという視点だけでなく、リノベーションがこれからの時代に果たしていくべき役割を考えさせられる空間です。とりわけ地方都市の抱える問題にもヒントを与えてくれそうな今回のリノベーション物件に関して、さらに詳しくお話を聞いてみました。【連載】リノベオブザイヤー受賞の素敵リノベ実例

中古物件を現代のライフスタイル、好みのデザインや機能に合わせて改修する「リノベーション」。この連載では『リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016』の受賞物件のなかから4つの実例を紹介。リノベーションに至るまでの背景、想い、こだわりポイントなどを施主のみなさんに取材してきました。リノベーションデータ

・築年:1979年10月

・構造:鉄骨造

・リノベーション面積:114.21m2

・施工期間:5カ月

・費用:1800万円(税込/外構工事や駐車場整備、物置制作等の費用も含む)

一貫してぶれなかった「アーケードを見下ろすLDK」のアイデア

「アーケードハウス」の設計を手がけたのは、北九州に拠点を置く株式会社タムタムデザインの田村晟一朗(たむら せいいちろう)さん。実は、田村さんのところに相談が来たときには、施主のご家族は既にこの商店街での暮らしを決めていました。大阪から地元の行橋市へ移住を考えたとき、ちょうどよい物件を探していたものの出会いがなかった。それならば「駅から近いし、利便性もいい」と、祖父母が商いをしている商店街の物件、その上の空き店舗での暮らしを選択したそうです。【画像1】どこか懐かしい商店街の雰囲気とモダンなリビングの対比も印象的(写真撮影/camekiti)

【画像1】どこか懐かしい商店街の雰囲気とモダンなリビングの対比も印象的(写真撮影/camekiti)

もともと入居していた学習塾が撤退してから5年。長く空き店舗のままだった物件に初めて足を踏み入れた瞬間から、田村さんのなかでは「アーケードに面した場所にリビングを置く」というアイデアが浮かんだそうです。施主も、「自分が育った商店街を見渡しながら暮らす」という斬新なアイデアを、最初から気に入ったのだとか。最終的な図面が決まるまでには、プラン全体はあれこれと変わっていきましたが、この「アーケードを見下ろすLDK」だけは、変わることなく一貫していました。【画像2】「アーケードハウス」の間取図のBeforeAfter(画像提供/タムタムデザイン)

【画像2】「アーケードハウス」の間取図のBeforeAfter(画像提供/タムタムデザイン)

もう一つの軸となったインナーバルコニー

今回の設計のなかで、もう一つの軸になっているのがインナーバルコニーです。当初は、新築当時の図面にあった天窓を活かすプランを提案していました。しかし、施主からの「洗濯ものを干したい」という要望から生まれてきたアイデアが、インナーバルコニー。

最初は、小さなスペースでしたが、最終的には6畳ほどの空間が確保されました。「光がとれない」「風が抜けない」といった空間の制約を解決できただけでなく、玄関から各居室までの全ての空間がゆるやかにつながるという間取りに。

おかげで「歯を磨いている」とか、「お風呂に入っている」といった、家族の存在をいつも何気に感じられる空間のコミュニケーションが生まれました。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。