ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

iPhoneに接続するだけで大気の状態を可視化する世界最小の測定ツール「Sprimo Air Monitor」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iPhoneに接続すると大気の状態が測定できる「Sprimo」英国の元閣僚らのイニシアチブ「CleanSpace」を通じて開発された「Tag」や、米国のウェアラブル型ガジェット「Clarity」など、ユーザー自身が大気の状態を計測するためのツールが、近年、多様に増えてきた。

米カリフォルニア州で2015年に創設されたスタートアップ企業「Sprimo」では、現在、世界最小級の大気測定ツール「Sprimo Air Monitor」の開発をすすめている。

・iPhoneに接続するだけで大気の状態が計測できる

iPhoneに接続した「Sprimo Air Monitor」の様子「Sprimo Air Monitor」は、iPhoneに接続すると、周囲の温度と湿度に加え、トルエンやフロン類などの揮発性有機化合物(VOC)の汚染レベルを測定し、専用アプリでその結果を表示する仕組み。

数値が低く、緑で表示されていれば、大気の状態は良好であり、数値が高くなるにつれて、赤で表示され、大気が汚染されていることを示す。

「Sprimo Air Monitor」は、iPhoneの電源コネクタであるライトニング(Lightning)に対応しており、バッテリーは不要。

iPhoneと接続するだけで、専用アプリが立ち上がり、周囲の大気を計測しはじめる。

・現在、キックスターターで資金調達を実施中

「Sprimo」では、2017年7月から「Sprimo Air Monitor」の量産を開始するべく、1万5,000ドル(約165万円)を目標に、2017年5月21日までキックスターターにおいてクラウドファンディングを実施中。

20ドル(約3,000円)以上を出資した支援者には、報酬として「Sprimo Air Monitor」が提供される予定となっている。

Sprimo Air Monitor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。