体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

駅前で味わう常夏の雰囲気。「ビーチ食堂 Mr. BEACH」は移住者でにぎわう今糸島で最も熱いスポットだ【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170307142339j:plain

今や全国区になりつつある「糸島ブランド」

糸島市のサンセットロードから見る海に沈む夕日が大好きなメシ通レポーターの桂です。こんにちは。学生時代、バイクの後ろに彼女を乗せてサンセットロード沿いをツーリングしたのはちょっと切なくていい思い出です。

さて、その糸島市、人口は10万人強と比較的小さな地方都市ですが2014年の観光客数は580万人を超えるなど2000年代に入り毎年右肩上がりで増加し続け、他県からの移住者も激増している今大注目のエリアです。美しい海や自然豊かな環境が都会にはない心の豊かさを提供してくれると評判で、東京でも移住フェアが度々開催されることもあり、「お試し移住」も盛んに行われています。

そんな糸島市を東西に走るJR筑肥線「筑前前原駅」の目の前に、地元の人と移住者とが気軽に集い、かつおいしい創作料理が味わえるお店があると聞いてやってきました。

筑前前原駅北口徒歩30秒の好立地! 最寄り駅は、JR筑肥線 筑前前原駅

f:id:hotpepper-gourmet:20170406170849j:plain

改札を出て左。北口階段を下ります。

f:id:mesitsu_lb:20170307142348j:plain

そのまま進み、横断歩道を渡った茶色のビルの2Fがお店です。

f:id:mesitsu_lb:20170307142350j:plain

階段下にある黄色いのぼりが目印です。

f:id:mesitsu_lb:20170307142355j:plain

こちらがお店のメニューです。

取材したのは3月上旬で気温もさほど高くないのですが、とにかく日差しが強く、「駅前の常夏気分」にはうってつけの日となりました。

ではさっそく店内にお邪魔してみましょう。

気分が盛り上がる「常夏」の店内

繰り返しますが、取材したのは3月上旬です。まだ最高気温15度程度の日々が続く時期です。朝晩はダウンジャケットが必要です。しかし店内は、というと……

f:id:mesitsu_lb:20170307142358j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。