体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「結局何が言いたいの?」と返されないための5つの会話術

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第12回目は「言いたいことが一発で伝わる会話テク」についてです。

f:id:asukodaiary:20170403191126j:plain

「あなたが何を言いたのかわからない」

そのような言葉を投げつけられて、「そんなにも自分が言いたいことが伝わらないのか」と落ち込む20代を過ごしてきました。

おかげで話すのをためらうようになってしまい、口数もどんどん少なくなります。

その結果、「松橋は何を考えているのかわからない」と言われる事が多くなりました。

思ったことを言わないのですから、そういう印象になってしまうのもあたりまえです。

言いたいことが伝わらない2大原因

何を言いたいのかわからない状態になってしまうのは、2つ原因が考えられます。

(1)自信がなくて不安

一つは、怖れと不安が原因です。

「わかってもらえないんじゃないか」

「自分の評価が下がってしまうかも」

「受け入れてもらえないかも」

相手の反応が気になると、緊張状態が高まり、浮足立った状態になり、自分でも何を言っているのか、まったくわからない状態になってしまうのです。

(2)沈黙に耐えられない

もう一つの原因は、沈黙への恐怖です。

沈黙が生まれてしまうと、「場をつなぐためには何か話さないと」とあせってしまうのです。

「つまらない話をしたせいで相手が黙ってしまった。申し訳ない。

だから何かを話さないと!」

「返事がない!きっと相手は不愉快になったに違いない」

つまり、沈黙が生まれるということは、相手は不機嫌だという間違った解釈です。

特に初対面の人との会話は、沈黙に避けるために何かを話さなければいけないという気持ちが強くなります。

ですから、初対面の人と話すのは、とても疲れます。

ちょっとでも沈黙が生まれたら、間を埋めるために何かを口走ってしまいます。

口走ったことを、つじつまを合わせるためにフォローしていくうちに、何を話したかったのか、さっぱり見失います。支離滅裂なことを言ってしまって、あとで深く後悔することになります。

私自身、こうした経験を山のように積み上げてきました。

すぐ理解してもらうための、5つの解決法

f:id:asukodaiary:20170403190836j:plain

「何が言いたいの?」とよく返されたり、「分かりにくい」と言われて悩んでいる人は多いと思います。

伝わる話し方をするためにはコツがあります。その方法をご紹介しましょう。

(1)主語や目的語は必ず入れる

何を話したいのかわからない理由の一つに、話している内容があいまいなことが挙げられます。主語や目的語が抜け落ちると、とたんにあいまいな会話になります。

特に部下や身近な家族に対して、「こちらの意図を組むのは当然」「言わなくても分かってくれるはず」とばかりに、次のような会話をしてしまう人がいます。

【悪い例1】部下への指示

「Aさん、頼んでた見積もりを持ってきてもらえるか?」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。