体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピンク・フロイドの映画『ザ・ウォール』、6月に東阪Zeppで一夜限りのライヴ絶響上映

エンタメ
ピンク・フロイドの映画『ザ・ウォール』、6月に東阪Zeppで一夜限りのライヴ絶響上映

1985年までピンク・フロイドのメンバーでありの中心的メンバーでもあったロジャー・ウォーターズ自身の自伝的要素を加えて制作されたピンク・フロイドの’79年発表の名作であり全世界で3,000万枚もの驚異的な売り上げをあげた大ヒット・コンセプト・アルバムが「ザ・ウォール」(全英最高位3位、全米1位。全米では15週連続1位を記録)を元に映画化した作品『ザ・ウォール』の一夜限りのライヴ絶響上映が、6月21日に東京・Zepp DiverCityと大阪・Zepp Nambaにて開催されることが決定した。

これは、ロジャー・ウォーターズの25年ぶりの新作「Is This the Life We Really Want?」が5月19日に発売予定であること、映画『ザ・ウォール』(82年8月公開)の初上映から今年で35周年を迎えること、ピンク・フロイドが今年8月でデビュー50周年を迎えることを記念したもの。

ほとんどセリフもなく映画は、アルバム「ザ・ウォール」の収録楽曲で構成されていく。撮影ノートも35ページしかなく、アラン・パーカーによる「なぜ、(この作品に)脚本がいる。音楽に語らせろ!」という言葉が内容を象徴している。孤独・挫折・恐怖・狂気…感情が入り乱れる強烈かつ壮大な歌詞、音楽、アニメーションも駆使した映像と総合芸術として構築された映画は、発表から35年を経過した今でも熱心な信奉者が絶えることがない。

主人公はロック界のスーパー・スター、”ピンク”。彼は少年時代の辛い経験から自己防衛のため心に”壁(ザ・ウォール)”築いていた。それは「生まれたばかりの頃に戦死した父」「学校時代の教師による抑圧と虐待」「母親からの溺愛」「結婚と同時に生まれた疎外感」、そして「熱狂する観客への違和感」。果てしなく繰り返される日常と社会との断絶感からいつしか麻薬に溺れていたピンク。彼の心は妄想と孤独、悪夢をさまよい、その築き上げた”壁”はやがて決定的な瞬間を迎えることになる…。主人公”ピンク”の幼少からロック・スターとしての成功・葛藤までを描いたロジャー・ウォーターズの自叙伝のような作品であり、また、この主人公にはかつてのメンバーで、シド・バレットの姿も重ねられている。

当時ブームタウン・ラッツのヴォーカルであり、後にアフリカの子供たちを飢餓から救うために有名ミュージシャンたちを集めたチャリティー企画ライヴエイドの立役者でもあるボブ・ゲルドフが、初主演にも関わらず鬼気迫る猟奇的な演技を見せている。映画『小さな恋のメロディ』の脚本や映画『ミッドナイト・エクスプレス』『ミシシッピー・バーニング』などアカデミー賞受賞作含めて数々の作品を手掛けた鬼才アラン・パーカー監督の手腕も遺憾なく発揮されており、また、優秀なデザイナーであり、アルバム「ザ・ウォール」での特殊効果の演出も手がけることになるジェラルド・スカーフによるアニメーションも効果的な演出となっている。

ピンク・フロイド映画『ザ・ウォール』収録曲
1.The Little Boy That Santa Claus Forgotザ・リトル・ボーイ・ザット・サンタ・クロース・フォーガット
2.When The Tigers Broke Free ホエン・ザ・タイガース・ブローク・フリー
3.In The Flesh? イン・ザ・フレッシュ?
4.The Thin Ice ザ・シン・アイズ
5.Another Brick In The Wall(Part I)アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅠ)
6.When The Tigers Broke Free ホエン・ザ・タイガース・ブローク・フリー
7.Goodbye Blue Sky グッバイ・ブルー・スカイ
8.The Happiest Days Of Our Lives ザ・ハピエスト・ディズ・オブ・アワ・ライヴス
9.Another Brick In The Wall(Part II)アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)
10.Mother マザー

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会