ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リドリー・スコット、米20世紀FOXによる第二次世界大戦を描く映画『Battle of Britain(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

リドリー・スコットが、米20世紀FOXによる第二次世界大戦を描く映画『Battle of Britain(原題)』の監督兼プロデューサーとして開発の初期段階に入っている。同作は、マシュー・ホートンが脚本を執筆する。

米FOXは、同作のドラフトピッチの権利を2016年に獲得し、スコット率いる米FOXを拠点とする製作会社スコット・フリーと、ジョビー・ハロルドとトーリー・タネルが指揮するセーフ・ハウス・ピクチャーズとともにプロジェクトを始動した。映画『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたマシュー・チャーマンが、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。スティーヴ・アスベルが、米FOX側を統括する。

バトル・オブ・ブリテン(The Battle of Britain)は、アドルフ・ヒトラーのナチスドイツ空軍ルフトヴァッフェが、1940年の7月10日から攻撃開始し、10月までイギリス諸島を空爆した。最初のターゲットはイギリスの海港と海上交通路で、のちにイギリス空軍の飛行場が襲われ、ロンドンには夜襲がかけられた―これらはすべて、陸海空軍共同のイギリス諸島侵略に備えてのものだった。しかし、ナチスはイギリスの抵抗を乗り越えることができず、ドイツの戦争における最初の主たる敗北となり、アシカ作戦と呼ばれた侵略計画は破たんした。

スコットは、米FOXにより5月19日に米劇場公開される映画『エイリアン:コヴェナント』を完成させており、その他にも2作品の監督に就任している。1973年に起こったJ・ポール・ゲティ誘拐事件を描く米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる映画『All the Money in the World(原題)』と、腐敗したニューヨーク市警の刑事を描いたドン・ウィンズローのベストセラー小説をもとにした米FOXによる映画『The Cartel(原題)』だ。

ホートンは最近、ホロコーストの指揮を執ったアドルフ・アイヒマンを秘密諜報員が追う姿を描くMGMによる映画『Operation Finale(原題)』の脚本を執筆した。同作は、オスカー・アイザックが主演として出演交渉中だ。

スコットは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。ホートンは、WME、グランドビュー、英エージェンシー・イン・ザ・UKと代理人契約を結んでいる。チャーマンは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、グランドビュー、ITG、ブラゲマン・ラッシュと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。