体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【福岡市内/久留米/柳川】一度は食べたい!うなぎ専門店【厳選5店】

【福岡市内/久留米/柳川】一度は食べたい!うなぎ専門店【厳選5店】 20170329_hukuokaunagi

九州のうなぎと言ったら福岡県の柳川。

その柳川では「せいろ蒸し」という独特の調理法がスタンダードなんです。

タレを絡めたごはんの上にうなぎの蒲焼と錦糸卵を乗せてさらに蒸す。

香ばしくふわふわとした食感のうなぎと、濃厚なタレが染み込んだホクホクのごはんがおいしいんですよね!

柳川の名店とあわせて、

福岡に来たら一度は足を運んでほしい博多の老舗、久留米の隠れた名店5店をご紹介します!

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

富松うなぎ屋 黒田本店

富松うなぎ屋 黒田本店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000142663/photo/

\口コミ ピックアップ/

うなぎと言えば富松です。うなぎは言わずもがな、ご飯の炊き加減もタレの甘さも文句無しです。お正月は必ずここでうなぎを食べ、一年頑張ろうと気合を入れます。骨をカリカリに揚げたおつまみも大好きです。

(行った時期:2017年1月)

久留米市内から少し離れていますが、昔から地元の方が通っているうなぎ屋さんです。

味はとても美味しくて料金的にもリーズナブルです、中でもせいろ蒸しはピカイチです。

座席(和室にテーブル)は多い為、結構な人数入るのですが、お昼の時間は結構並んでいて待ちますが、

わりかし早く流れては行きましが、出来ればお昼の時間帯を避けて行った方が並ばずに美味しく食べられると思います。

(行った時期:2017年1月27日) 富松うなぎ屋 黒田本店

住所/福岡県久留米市大善寺町黒田83-6

「富松うなぎ屋 黒田本店」の詳細はこちら

御花

御花

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_40207fc3560064568/photo/

\口コミ ピックアップ/

御花邸のなかにはレストランがあり、そちらでは柳川名物の鰻の料理が戴けますよ。座席数も多いので、ゆっくり出来て良かったです。

(行った時期:2017年3月)

園内を観光でき、さらに美味しいうなぎのせいろ蒸しまで御花で食べることができました。大満足できました。

(行った時期:2016年10月) 御花

住所/福岡県柳川市新外町1

「御花」の詳細はこちら

六騎

六騎

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_40207fc3560065227/photo/

\口コミ ピックアップ/

「ろっきゅ」と読むそうです。柳川特盛りきっぷで利用できる8店舗の中に入っていたので利用しました。当然せいろ蒸しは美味しかったです。何より下船場に近いので下りたらすぐに食べられます。

(行った時期:2015年9月)

家族4人で、柳川川下りのあとの昼食で入店しました。以前から、柳川の鰻のせいろ蒸しを食べたかったのです。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。