体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和家庭に1個はあった「イチゴスプーン」 開発元に歴史を聞いてみた

昭和家庭に1個はあった「イチゴスプーン」 開発元に歴史を聞いてみた

 かつて大ヒットし、どこの家庭にもあった「イチゴスプーン」。 底が平でぶつぶつイチゴの模様になっており、イチゴを食べる際にしっかりホールドできる便利なスプーンとして知られています。

 最近ではあまり見かけなくなったため「イチゴスプーン」を知らない人も増えており、ここ最近急にネットで再注目されだしそれを見た特に若い世代からは「初めて見た!」なんていう声も上がっています。

【すべての画像や動画はこちら】

 そしてこの「イチゴスプーン」。再注目のきっかけは離乳食や介護食を作る際に食材を潰すのに便利だということから。というわけで、今回は「イチゴスプーン」の開発元であるLUCKYWOOD(小林工業株式会社・新潟県燕市)の小林貞夫社長にお話を聞いてみました。

※見出し画像は青山彫金師の作品でデザインNo.2000「イチゴスプーン」皿型 (実際の製品は凸凹が反転する。)

■職人が本物のイチゴを見ながら造った

 イチゴスプーンが開発されたのは昭和35年のこと。小林工業からの依頼で、青山彫金所の彫金師・青山敞さん(※2014年に逝去)が発案したそうです。小林社長は開発に関するインタビューに答えた青山さんの記事も見せてくれました。『暮らしの手帖2000年 8.9月号』に掲載されており、記事では依頼主である小林工業は「洋食器メーカー」と記されていましたが、たしかに昭和35年に誕生したと紹介されています。

 依頼主となる小林工業ではその当時、イチゴを潰せるスプーンを日々考えていたそうです。その頃のイチゴは現在市場で出回るような大粒で甘いものではなく、それゆえにスプーンで潰して牛乳と砂糖をかけて食べるという食べ方が主流だったそうです。しかし、普通の丸いスプーンではイチゴは逃げてつぶしにくく、それをやりやすいスプーンをと考え最初に試作品として出来たのが「無地でスプーンの底が平らなもの」。ただ試作品を試してみると底がつるつる滑ってつぶせないので、当時の工場長が青山さんに「滑り止めに何か模様を入れてくれ」と依頼しました。

 すると青山さんが「だったら、イチゴの種の模様だろう」と発案。青山さんの感覚でイチゴの種模様が配置された現在のイチゴスプーンの原型が誕生しました。イチゴの模様は青山さんが実物のイチゴを見ながらプロの技と感覚で入れていったもので、何度かの試作を経て「シンメトリーではないものの無秩序でもない絶妙な良い加減」に配置されることによって、しっかりとイチゴをホールドする凸が表現できたそうです。
昭和家庭に1個はあった「イチゴスプーン」 開発元に歴史を聞いてみた青山彫金師 の作品 : デザインNo.2000「イチゴスプーン」皿型

 そして、イチゴスプーンはイチゴが一般家庭へ普及するとともに大ヒット。日本のカトラリー生産の約90%以上を占める、新潟県燕市のカトラリーメーカーのほとんどが手掛ける定番アイテムへと成長しました。ただし、この種の間隔や凹凸の突起の高さは、それぞれのメーカーが出しているもので微妙に違うとのことで、小林社長は同業者として興味深いそうです。なお、LUCKYWOOD(小林工業)の「イチゴスプーン」はしっかりと凸に高さを持たせることでホールド力を高め、滑らずしっかりと潰せるスプーンとなっています。

■最盛期には年間30万本生産された「イチゴスプーン」→今では600本前後へ

 小林社長の話では「イチゴスプーン」は昭和30年代後半から昭和40年代までが市場への流通の最盛期。その時期、小林工業ではステンレス製品デザインのほとんどに「イチゴスプーン」が採用されるほど人気が高く、売れ筋デザインとなると最盛期で年間5万本から7万本、全体では年間15万本から30万本も製造されたそうです。
昭和家庭に1個はあった「イチゴスプーン」 開発元に歴史を聞いてみたイチゴスプーンが載った最古のリーフ(1960年代)

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。