ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日米の巨大ロボット「クラタス vs Megabots」対決が実現 「日本文化を海外にとられたくない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日米の巨大ロボット「クラタス vs Megabots」対決が実現 「日本文化を海外にとられたくない」
画像は GIANT ROBOT DUEL DETAILSより
日本を代表する搭乗型巨大ロボット・クラタスと、アメリカが開発した巨大ロボット・Megabotsの日米対決が8月に開催されることが明かされた。

2015年7月、クラタスを製作する水道橋重工に対し、Megabots側からYouTubeを通じて送られており、ついに対戦の火蓋が切って落とされるかたちとなる。

水道橋重工がつくり上げた巨大ロボット・クラタスとは?

アーティストの倉田光吾郎さんと、ヒューマノイドロボット用インターフェース開発者の吉崎航さんらによるチーム・水道橋重工によって開発されたクラタス。

人が搭乗して、タイヤ走行による自走が可能な全長約3.8mのエンジン駆動人型四脚巨大ロボットだ。

映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章』へも登場したほか、銃撃バトルホビー『ガガンガン』にクラタスモデルがラインナップされるなど、各方面で話題を呼んだ。

ちなみにクラタス本体もAmazonで販売中。現在の販売価格は1.2億円だ。

日米ロボット対決がついに開幕

対するMegabotsは、アメリカ・カリフォルニア州に設立されたスタートアップ企業。

巨大ロボット同士の戦いを実現するリーグの創立を目指しているという同社は、2015年7月、クラタスを製作する水道橋重工に対し、「決闘しよう」とYouTube動画で挑戦状を叩きつけた。

それに対し水道橋重工は、「デカイものに銃つけりゃいいっていうアメリカ文化丸出し」「もうちょっとカッコ良くつくれよ!」と過激に挑発。

そして、対戦方式を「ぶん殴って倒した方が勝つ」というシンプルな格闘戦にすることを条件に、Megabotsからの挑戦を受けた。

そんな日米対決が2年の時を経て、いよいよ8月に実現する。対戦の模様はMegaBotsのYouTubeチャンネルで視聴できる予定だ。

プライドと威信をかけた世紀のロボット対決となるだけに、その動向から目が離せない。

引用元

日米の巨大ロボット「クラタス vs Megabots」対決が実現 「日本文化を海外にとられたくない」

関連記事

その情熱がすごい!「中の人」に聞いたユニークなブログ5選:エキサイトブログ編
「なんでもアリ」の極悪ミニ四駆レースにWモーター8倍電圧で参戦してきた
長編漫画「BIBLIOMANIA」連載 第5話「276号室の沼」

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。