ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

岸田 繁、地元・京都で開催された「交響曲第一番」初演プログラムを5/24リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
岸田 繁、地元・京都で開催された「交響曲第一番」初演プログラムを5/24リリース

昨年12月、ロームシアター京都メインホールにて初演された岸田繁「交響曲第一番」プログラムの模様を収録したCDが、5月24日にリリースされることが決定した。

本作は「交響曲第一番」をはじめ、その初演のために書かれ演奏された「Quruliの主題による狂詩曲」も収録される。この作品は、くるりの作品の幾つかをモチーフに変奏、再構築された組曲形式されたもので、どの曲のどの部分を岸田繁がどう料理したのかを楽しみながら聴くことができる楽曲となっている。

また、アンコールで演奏された美しい旋律の小作品「管弦楽のためのシチリア風舞曲」、岸田の歌唱による「京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ」まで、初演プログラム全てを余すことなく完全収録する。

リリース情報

岸田繁「交響曲第一番」初演
2017年5月24日発売
VICC-60944 2,500円+税
指揮:広上淳一
演奏:京都市交響楽団
作曲:岸田繁(くるり)
<第一部>
岸田繁:Quruliの主題による狂詩曲(17分)
Ⅰ幻想曲 Ⅱ名もなき作曲家の少年 Ⅲ無垢な軍隊 Ⅳ京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ
<第二部>
岸田繁:交響曲第一番(50分)
第一楽章 第二楽章 第三楽章 第四楽章 第五楽章
<アンコール>
管弦楽のためのシチリア風舞曲
Quruliの主題による狂詩曲 Ⅳ京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ

関連リンク

くるり オフィシャルサイトhttp://www.quruli.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。