ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

バイラルメディアを装うフィッシング詐欺に注意

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バイラルメディアを装うフィッシング詐欺に注意

フィッシング詐欺サイトへの誘導は、いまだにPCメールを使ったものもありますが、フィルタリング機能の向上などにより最近は減り気味。それに代わって利用者数の増大とともに被害が増えているのが、バイラルメディアやキュレーションメディアを利用した新たなフィッシング詐欺の手口なのです。

フィッシング詐欺にバイラルメディア

バイラルメディアとは、インパクトのある煽り文句で動画や画像を紹介して、記事拡散を狙うブログ形式のメディア。キュレーションメディアは、あるテーマでネットに分散する記事を読みやすくまとめたものです。

どちらもアクセス数を稼ぐことが目的で「有用性があるように見えるパクリサイト」が多いのも事実。こうしたPV目的のサイトをさらにパクるのが、フィッシング詐欺の新たな手口です。

こうしたバイラルメディアを装って有益な情報が書いてあるように見せかけて、実はフィッシングサイトや詐欺ショップへ飛ばすWebサイトがあります。ネットの情報を鵜呑みにするのは危険です。

記事のリンク先がフィッシングサイト

例えば、ウィルスについて検索して表示された、セキュリティ記事を装ったフィッシング詐欺サイト。もっともらしいセキュリティ対策の記事に見えますが、書いてあることは全部デタラメです。

ここで、サイトが案内するリンク先をクリック。すると、Microsoftの公式サイトにそっくりのフィッシングページが表示されます。ここでうかつにIDとパスワードを入力してしまうと、フィッシング詐欺の思うつぼです。

このように、もっともらしいバイラルメディアやキュレーションメディアに見えても、安心してはいけません。とくに記事から誘導されるリンク先は、URLが本物のサイトと同じかどうか注意する必要があります。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。