体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。

現在、ロンドンのデザイン会社Thoseが開発中の「Joto」は、自分が書いた文字やイラストを、ホワイトボードにリアルタイムで書いてくれるらしい。実現すれば、離れて暮らす大切な人とのコミュニケーションがちょっと変わってくるかも。

描いている「途中」を
見れるのが醍醐味。

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

専用アプリを使うとペンが動き出し、ホワイトボードに模写を始めます。完成したものを見るわけではなくその「途中」を眺められるので、どんな絵やメッセージになるのかとワクワクした気持ちになりますね。ちなみに、自分で描いた絵や文字のほかに、元から入っているアートやイラスト、スマホで撮影した画像もドローイングできるとのこと。

そんな「Joto」は、たとえばこんなシーンで活躍してくれそう!

パパからの連絡に
ワクワクしちゃう

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」 仕事が終わってから家族にメッセージを書くパパ。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」 家にいるママと子どもは、待ち遠しそうにホワイトボードを見つめています。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

今から家に帰るねと、ネズミとウサギ付きのメッセージ。「もうすぐパパが帰ってくる!」。

孫の描いた絵に
癒される

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」 パシャ!おじいちゃんとおばあちゃんに子どもの描いたイラストを送る。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」 キッチンで調理をしていると、「Joto」が描写を始める。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

完成した孫の絵を見てほっこりした気持ちに。

遠距離恋愛中の恋人に
手書きのメッセージを送れる

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会