ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。

現在、ロンドンのデザイン会社Thoseが開発中の「Joto」は、自分が書いた文字やイラストを、ホワイトボードにリアルタイムで書いてくれるらしい。実現すれば、離れて暮らす大切な人とのコミュニケーションがちょっと変わってくるかも。

描いている「途中」を
見れるのが醍醐味。

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

専用アプリを使うとペンが動き出し、ホワイトボードに模写を始めます。完成したものを見るわけではなくその「途中」を眺められるので、どんな絵やメッセージになるのかとワクワクした気持ちになりますね。ちなみに、自分で描いた絵や文字のほかに、元から入っているアートやイラスト、スマホで撮影した画像もドローイングできるとのこと。

そんな「Joto」は、たとえばこんなシーンで活躍してくれそう!

パパからの連絡に
ワクワクしちゃう

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

仕事が終わってから家族にメッセージを書くパパ。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

家にいるママと子どもは、待ち遠しそうにホワイトボードを見つめています。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

今から家に帰るねと、ネズミとウサギ付きのメッセージ。「もうすぐパパが帰ってくる!」。

孫の描いた絵に
癒される

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

パシャ!おじいちゃんとおばあちゃんに子どもの描いたイラストを送る。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

キッチンで調理をしていると、「Joto」が描写を始める。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

完成した孫の絵を見てほっこりした気持ちに。

遠距離恋愛中の恋人に
手書きのメッセージを送れる

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

デートの後、なかなか会えない彼女にメッセージを送信。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

すると、彼女の家にリアルタイムで手書きのメッセージが届く。

仕事の何気ない手間が減る

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

インクで手を汚すこともなく、座ったまま会議が進められる。離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

消したい時は、ホワイトボード用のイレーザーが付いているので便利。

部屋のインテリアにも

離れて暮らす大切な人へ、手書きの温もりを届ける「お絵かきロボット」

気軽に変えることができるので、毎日違うアートを楽しめる。

無限の可能性を秘める「Joto」は、現在も進行中のプロジェクトで「Kickstarter」で資金調達中。価格は、今なら165ポンド(約22,600円)から。日本への発送も可能で、時期は今年のクリスマスあたりを予定。

もし手元に届いたら、一番はじめに何を描いてもらおうか考えるだけで楽しくなりますね。Licensed material used with permission by Those

関連記事リンク(外部サイト)

どんなふうに使うかはアナタ次第!な模写マシーン
公道を使った「ロボットタクシー」の実験が、ついに開始された!
ちょっぴりお節介な「介護ロボット」は、見た目ではなくコミュニケーションで主張する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。