体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルセデス・ベンツ Eクラスの中古車は旧型よりあえて「旧々型の後期」を推す3つの理由

▲まだ比較的新しいといえる「旧型の前期」より、年式的には少々古くなるこちら「旧々型の後期」の方が、いろいろ考えると得策である可能性も?

▲まだ比較的新しいといえる「旧型の前期」より、年式的には少々古くなるこちら「旧々型の後期」の方が、いろいろ考えると得策である可能性も?

「最新」でも「クラシカル」でもない旧型前期の微妙な立ち位置

昨年夏に登場した現行メルセデス・ベンツ Eクラスの中古車流通がいよいよ本格化してきた影響で、旧型Eクラス前期型の相場がグッと下がっています。具体的には車両価格180万~230万円付近でまずまず好条件な1台が探せる状態。「なるほどそれはお買い得だ!」ということで、旧型前期のメルセデス・ベンツ Eクラスを買おうと考える人もいるかもしれません。

もちろんそれはそれでナイスな買い物と思いますが、「……でも、ちょっとどうだろうか?」と思う部分がないわけではありません。なぜならば、旧型メルセデス・ベンツ Eクラスの中でもその前期型は今、若干ですが「中途半端な時期にある」とも思えるからです。

Eクラスに限らずメルセデス・ベンツのような高級車の場合、一般的に言ってステキに感じられるのは「最新モデル」または「最新に比較的近いモデル」か、その真逆に位置する「クラシカルな年代のモデル」ではないかと思います。

前者はなんとなく威張りも利いて高性能で、そしてハッキリ言ってお金持ちに見えます。そして後者は、性能自体はさほどでもありませんが、風格というか味わいといいますか、そういったものが満点であるため「かなりセンスがいい感じ」です。そしてもちろん、運転する際にも独特のクラシカルな味わいを感じ取ることができる楽しい車です。

しかし、旧型Eクラスの前期型は……まぁモノの見方は人によって違うので断定的なことは言えませんが、「威張りが利く最新ではなく、かといってクラシカルな味があるわけでもなく……」という、ちょうど微妙な時期にも思えるわけです。もちろん、いまだ「いい車」であることは間違いないのですが。

▲こちらが、16年7月に登場した現行型メルセデス・ベンツ Eクラス。何かと高性能なのはもちろんですが、そのたたずまいとデザインもかなりイケてる感じです

▲こちらが、16年7月に登場した現行型メルセデス・ベンツ Eクラス。何かと高性能なのはもちろんですが、そのたたずまいとデザインもかなりイケてる感じです

▲で、こちらが09年5月~13年4月まで販売された「旧型の前期」。……もちろん悪くないデザインなのですが、言わんとするところ、何となくご理解いただけますでしょうか……?

▲で、こちらが09年5月~13年4月まで販売された「旧型の前期」。……もちろん悪くないデザインなのですが、言わんとするところ、何となくご理解いただけますでしょうか……?

近頃ややクラシカルな味わいが出てきた旧々型Eクラス

ということで「手頃な予算で狙えるメルセデス・ベンツ Eクラスの中古車」というものを考えた場合、実は旧型Eクラスの前期型ではなく、あえてさらに1世代古い「旧々型の後期」が逆に良いのではないか? というのが本稿の趣旨です。

今あえて旧々型の後期をオススメしたい理由は、大きく分けて3つあります。1つは「デザイン」です。

旧型前期と比べると、ボディ全体やフロントマスクなどに「曲面」「曲線」が多用されている旧々型のたたずまいは、どこか女性的です。で、そこにある程度の歳月の経過が加わったことで、そろそろ「クラシカルな味わい」が出てきたように思えるのです。もちろんこのあたりも感じ方は人それぞれですから、異論反論はあるでしょう。しかしW211(旧々型メルセデス・ベンツ Eクラス)のたおやかな曲線と曲面は、年を経るごとに魅力を増してきているような気がしてなりません。

▲02年6月~09年4月まで販売された旧々型メルセデス・ベンツ Eクラス。写真は06年8月からの通称後期型で、この後期型からフロントまわりなどのデザインを微妙に変更するとともに、電子制御ブレーキシステムのSBCを廃止。エンジンラインナップもこのときから大幅に変更されました
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。