ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【暴露】ヒカキンが苦言! ユーチューバーの月収747万円!? こんなに高いわけない!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
01

Youtubeで動画を配信することで収入を得て生活をするYoutuber(ユーチューバー)は、今やチビッコたちの憧れの職業なのだそうです。Youtubeを見る機会の増えたチビッコにとって、ユーチューバーたちはテレビのタレントと同等、もしくはそれ以上の存在なのでしょう。

・ヒカキンがYoutubeで苦言を呈する
ユーチューバーのヒカキンさんは数多いユーチューバーの中でもトップクラスの再生数を誇る一人。そんなヒカキンさんが先日、ユーチューバーの収入について触れたネットニュースを読み、動画で苦言を呈したことが話題となっています。

・平均月収747万円との報道
ヒカキンさんが反応したニュースの内容とは、ユーチューバーの平均月収が747万円と算出されたという衝撃的なもの。月収747万円ということは年収にするとおよそ9,000万円にもなるのですから、多くの人が驚くのは当然でしょう。

・記事の内容をよく読んでほしい
ヒカキンさんはこのタイトルには悪意があり、タイトルだけで判断せず記事の中身をしっかり読んでほしいと訴えました。

記事の内容を確認してみると、この平均月収747万円という数字は2016年5月時点での動画再生数トップ20から、動画再生1回あたり0.11円として平均月収を予測したものであり、ユーチューバーとして大成功を収めた人に限定した平均月収となっていたのです。動画の再生回数が伸びず、まともに収入を得られていないユーチューバーはそもそも対象外なのでした。

おそらく、自称ユーチューバーの中には収入をほとんど得られていないという人の方が多いはず。最底辺まで含めて平均値を算出すれば、間違いなく月収747万などという数値にはならないでしょう。

02

・そもそもユーチューバーとは何なのか?
ヒカキンさんは動画の中で、「そもそもユーチューバーとは何なのか?」「どのくらいの収入を得られたらユーチューバーと呼べるのか?」と視聴者に投げかけたうえでアンケートを敢行。2017年4月現在では投票の半数以上が「Youtubeの収入だけで不自由なく生活できる人」をユーチューバーとすると考える人が多いという結果になっていました。一般的には、Youtubeでの動画配信で収入を得ていても、それだけで生活できるほどの収入でなければユーチューバーと認定されないようです。

・再生数は200万回を突破
人気ユーチューバーのヒカキンさんがユーチューバーについて言及したこの動画は大きな反響を呼び、2017年4月現在で再生回数は200万回を突破。ユーチューバー本人がユーチューバーに対してどのように考えているのかを知ることができるとあって、多くの注目を集めた格好となったのでしょう。

ちなみに1再生あたり0.11円として計算をするのであれば、この動画だけでも20万円を軽く超える収入を生み出していることになります。人気ユーチューバーに限っては、平均月収747万円というのもあながち間違っていないのかもしれませんね。

もっと詳しく読む: ヒカキンがユーチューバーの給料記事に苦言「こんなに高いわけない!」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/04/06/hikakin-okane/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。