体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジョン・ワッツ監督、超大作に抜擢された経緯やマイケル・キートン演じる悪役ヴァルチャーについて語る

ジョン・ワッツ監督は、映画『スパイダーマン:ホームカミング』での仕事がとてつもない飛躍につながることを分かっている。

インディーズ映画出身のワッツ監督は、勢いを失いつつあるスーパーヒーローシリーズの再建に抜擢された。米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントとマーベルが監督に指名した当時、彼はたった2本の低予算映画を製作したのみに過ぎなかった。ワッツ監督の前作は評判の良かったスリラー映画『COP CAR/コップ・カー』で、製作費は100万ドルに満たなかった。それは、『ホームカミング』がある日の撮影で費やすほんの一部の予算に過ぎない。ワッツ監督は、スパイダーマンと彼の分身であるピーター・パーカーを高校生活に戻すというビジョンをスタジオに提示し、宿題やプロムデート(卒業記念ダンスパーティーのパートナー)探しに苦労しながら、ヴァルチャー(マイケル・キートン)のようなスーパーパワーを持つ悪人の攻撃をかわすバランスを描くことに焦点を当てた。

ワッツ監督は、スパイダーマンのようなアイコニックなキャラクターを描くことにナーバスになったと認め、7月6日の米劇場公開日に向けて休みなく編集作業を続けていると語った。彼はスパイダーマン映画を指揮した人物として、最初の3部作を手掛けたサム・ライミ監督、興行収入が振るわなかった映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ2作を手掛けたマーク・ウェブ監督に続く、3人目の監督となる。

先週開催されたシネマコンの会場で、観客の劇場オーナー向けに『ホームカミング』のフッテージが公開される直前、ワッツ監督は本紙ヴァラエティのインタビューに応じ、マーベルへの売り込みの方法、ジョン・ヒューズから受けた影響、新たなスパイダーマンを演じるトム・ホランドとの仕事上の関係について語った。

この仕事を手に入れた経緯を教えてください。

とても長い道のりでした。マーベルの関係者が『COP CAR/コップ・カー』を鑑賞してくれたのです。全体会議に参加するところから始まって、会議の中で彼らはより若い頃のスパイダーマンを中心とした映画について話し合いを始めました。私は高校生の成長物語を撮影したいと思っていました。その種の映画は一通り観ていたので、図らずも、高校生の成長物語に関して提案をする準備がかなり整っていたのです。私は何度も何度も会議に参加し続け、回数を重ねるごとに部屋の中には人が増えていきました。

撮影したいと思っていた高校生の映画は自伝的な内容でしたか?

少しだけ。でも、この映画はそのニーズに応えてくれました。

映画『ブレックファスト・クラブ』や映画『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』のようなジョン・ヒューズ作品は何か影響を与えましたか?

表面的にも影響を受けていますし、ジョン・ヒューズの誠実さと彼の作家性がこの映画を形成しています。彼は自身のキャラクターをとても真剣に扱い、自らの経験に対して正直に向き合うことを恐れません。

監督を務める以前からスパイダーマンのファンでしたか?

スパイダーマンの大ファンだったとは言えないかもしれません。この映画を通じて熱心なファンたちと出会いました。私は彼らの足元にも及びません。しかし、少年としてのスパイダーマンというアイデアが大好きでしたし、1990年代のトッド・マクファーレンによるコミックも大好きでした。最初のライミ監督のシリーズが公開されたのは、私が映画学校に通っていた頃です。大きな影響を受けました。

ライミ監督のシリーズのどんなところが好きですか?

私はサム・ライミ監督が大好きです。彼の美学的思想が大スクリーンに反映されるのを見るのはとても興奮します。

ライミ監督とは連絡を取りましたか?

いいえ、私は過度に緊張してしまいました。マーク・ウェブ監督とはミュージック・ビデオの仕事を通じて知り合いました。彼が教えてくれたのは、スタン・リーと親しくしなさいということだけでした。

インディー映画出身のあなたが、巨大スタジオの大作を監督するのは大変でしたか?

ただビジョンを拡大していけば良いのです。そうすれば、自分が何をしたいのか皆が理解してくれます。物語を伝えたいということに変わりはありません。特大のスクリーンに映すとしても、描くのは自分が伝えたい個人的な物語のままです。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。