ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チャットモンチー、新曲はあみだくじで作った?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チャットモンチー、新曲はあみだくじで作った?
J-WAVEの新番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。4月5日(水)のオンエアには、チャットモンチーのお二人、橋本絵莉子さんと福岡晃子さんをお迎えしました。

チャットモンチーはこの日、新曲「Magical Fiction」をリリースしました。いつもは詞を先に考えるそうですが、新曲ではメロディを先に作ったそうです。

福岡:今までは歌詞に合わせた譜割りだったけど、今回は逆なので、今までとは違った感じで新鮮でした。
橋本:サーっと、流れるように聴けるっていうか、リズムに乗せて作ったから、流れているようなメロディラインです。

新鮮といえば、この曲はパートを始め、色々なことを「あみだくじ」で決めたそうです!

福岡:私たち、今なんでもやってるんで、ベースや歌詞などを誰が担当するかは、あみだくじで決めました。
サッシャ:え!? 誰が何を担当したの?
福岡:私がベースと歌詞で、えっちゃんがギターと歌ですね。
橋本:録っていく順番もあみだくじで…
サッシャ&寺岡:ええぇっ!?

まさかの決め方に、サッシャも寺岡も思わず驚いていました。ドラムとキーボードを同時にレコーディングして、ギター、歌をレコーディングして、最後にベースを収録したとか。

サッシャ:ベースを一番最後に収録したの!?
寺岡:普通はドラムやベースを一番最後に収録しますが…
サッシャ:あみだくじで決めたがゆえに…
福岡:本当は、ベースも入れようかどうかを最後まで迷っていて、入れた方が良いっていうことになったから、その場で考えて入れました。
サッシャ:それじゃあベースの音にも注目だね!

結果的に、ベースは非常に評判が良かったそうです。さらに、新曲に関して、デビュー前からチャットモンチーと一緒に仕事をしているディレクターさんからのお手紙を、サッシャの代読で紹介しました。

手紙によると、新曲は昨年、アイルランドの映画「シング・ストリート 未来へのうた」を鑑賞してみんなで盛り上がったことがきっかけで制作したそうです。特に劇中で流れるSing Streetの「Drive It Like You Stole It」に改めて音楽の力を見せつけられた気がして、チャットモンチーらしいダンサブルな曲を作ろうとの思いで作ったとか。さらに、「80年代的な懐かしさもありつつ、サビはポップで。良いところに着地できたと思います。あとは久々にあっこが動きまくるベースラインを弾いているのも聴きどころです」と記されていました。

ちなみにミュージックビデオも80年代風で、なんと、あのテツandトモも出演していてキレッキレに踊っているそうです! みなさんも、ぜひチェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。