体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンセント&Wi-Fi完備!話題の“座れる通勤列車”「S-TRAIN」に乗ってみた

コンセント&Wi-Fi完備!話題の“座れる通勤列車”「S-TRAIN」に乗ってみた

2017年3月27日(月)、午前6時。先日、東京では桜の開花宣言がされたというのに、激しい雨と低すぎる気温のなか、筆者は所沢にいた。なぜかって? 目的はただひとつ、“座れる通勤列車”と話題の「S-TRAIN」に乗るためである。

「S-TRAIN」の平日運行デビューに乗車!

「S-TRAIN」とは、平日は所沢⇔豊洲(西武池袋線・西武有楽町線と東京メトロ有楽町線の区間)を、休日は西武秩父⇔元町・中華街(西武秩父線・池袋線・西武有楽町線と東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線の区間)を結ぶ、全席指定の直通列車のこと。乗車料金プラス510円(所沢駅~豊洲駅間)で乗車が可能だ。

前述のとおり、平日と休日で停車駅が異なるのが特徴で、2017年3月25日(土)に運行を開始したばかり。平日運行は、私が乗車した27日が初めて。そのためか、電光掲示板やホームに入ってくる車両を撮影する人も数多くいた。【画像1】「S-TRAIN」停車駅一覧。平日は通勤、休日は家族でおでかけなど、さまざまなシーンで利用できそうだ(画像提供/西武鉄道)

【画像1】「S-TRAIN」停車駅一覧。平日は通勤、休日は家族でおでかけなど、さまざまなシーンで利用できそうだ(画像提供/西武鉄道)

平日の始発となる所沢(埼玉県所沢市)は、ベッドタウンとして人気のエリア。都心部へ通勤するビジネスパーソンも多く、途中駅には池袋駅(有楽町線)もあり、多くの乗車客で混雑する路線ゆえ、「S-TRAIN」の運行を期待する声は多かった。実際、乗り心地はいかがなものだろうかと乗車してみると、全席指定なため当然といえば当然だが、満員電車にみられる“おしくらまんじゅうのような状態”は、まったくなく、極めて快適! 走行中、池袋駅のホームに並ぶ行列を横目に通過したのは、なんとも優越感を覚える。

今回は所沢から乗車したが、保谷・石神井公園の乗車可能な2駅を過ぎても、まだ空席はあった。朝の通勤時間、運行まもないということもあり、満席ではなかったこともあいまって、ゆったりとした通勤を疑似体験できた。

仕事・新聞・睡眠……車内の過ごし方はさまざま

「S-TRAIN」には、西武鉄道の新型通勤車両「40000系」を採用。コンセントやWi-Fiが完備されているほか、トイレまで設置されている。

スマホやノートパソコン、タブレットなどの電子機器も思う存分使えるし、列車が地下に潜っても、Wi-Fiがあるから電波が途切れる心配もない。さらに、朝時間がなくて急いで家を出ても、トイレがあるから“お腹弱い族”の方でも安心だ。【画像2】(写真左)電源コンセントはクロスシートの時のみ利用可能。2席に1つ設置されている。(写真右)「S-TRAIN」には、人気のプラズマクラスターも搭載(画像提供/西武鉄道) 【画像2】(写真左)電源コンセントはクロスシートの時のみ利用可能。2席に1つ設置されている。(写真右)「S-TRAIN」には、人気のプラズマクラスターも搭載(画像提供/西武鉄道)【画像3】車いすを利用している人でも、ゆったり使える広々としたトイレ。おむつ交換シートもあるので、小さいお子さま連れのおでかけも安心だ(画像提供/西武鉄道)

【画像3】車いすを利用している人でも、ゆったり使える広々としたトイレ。おむつ交換シートもあるので、小さいお子さま連れのおでかけも安心だ(画像提供/西武鉄道)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。