体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型シビック タイプR、その真実に迫る

▲ジュネーブモーターショーで公開されたシビック タイプRの量産仕様。大きな開口部が設けられたバンパーと、エアインテークを有するアルミフードは、いずれもタイプR専用だ

▲ジュネーブモーターショーで公開されたシビック タイプRの量産仕様。大きな開口部が設けられたバンパーと、エアインテークを有するアルミフードは、いずれもタイプR専用だ

ホンダがジュネーブモーターショーで隠し通した秘密とは

ホンダ シビック タイプRの量産モデルが、2017年のジュネーブモーターショーで発表された。精悍なルックスからも高いポテンシャルが予想できるが、まだ公表されていない事実は多い。

すでに詳細は決まっているはずなのだが、価格とともに発売時まではマル秘事項として伏せられるのかも知れない。ホンダが隠しておきたい新型タイプRの詳しいデータをお伝えしよう。

手始めに3サイズからお伝えしよう。勇ましい姿からも想像できるが、新型タイプRはワイドフェンダー化によって、全幅がベース車より80mm広い、1880mmに拡幅されている。

専用バンパーの採用によって、前後オーバーハングも30mmずつ伸びていて、全長はベース車より60mm長い4555mmに定められる。全高は意外にもベース車と変わらず、1430mmのまま据え置かれる見込みだ。

▲ヘッドカバーが設計し直され、EARTH DREAMS TECHNOLOGYのロゴが移設された2Lターボエンジン。先代より10psアップの最高出力320psを発生する

▲ヘッドカバーが設計し直され、EARTH DREAMS TECHNOLOGYのロゴが移設された2Lターボエンジン。先代より10psアップの最高出力320psを発生する

▲まだ未発表のエンジン性能曲線を入手した。青い線は先代タイプRで、高回転域での性能が向上していることが読み取れる

▲まだ未発表のエンジン性能曲線を入手した。青い線は先代タイプRで、高回転域での性能が向上していることが読み取れる

2L VTECターボは強化されて踏襲

パワートレインには、2L VTECターボが踏襲されるが、最高出力は10psアップの320psに増強される。最大トルクは400N・mを維持する模様。

スクープ班がいち早く独占入手した性能曲線を見ると、5000rpm以上でパワーの出力が向上していることがわかるはずだ。同時に高回転域でトルクの落ち方が弱まっているのも見逃せない。

エンジン性能の向上にあわせて、6速MTにも手が加えられる。ローレシオ化によって加速性能が改善される。軽量フライホイールの採用も要チェックだ。足回りには、軽量高剛性の専用アルミパーツが採用される。

ブレーキは、以前のタイプRから引き続きブレンボ製が用いられる。フロントには4ポッドキャリパー、ディスクはフェード性に優れたドリルドディスクが踏襲される。さらに、十分な冷却性能を得るために、バンパー下部にエアガイドが設けられて、前方からの風がブレーキにうまく導き入れられるという。

ボディ剛性の向上も見どころだ。これは、ベース車の基本骨格の進化によるところが大きいが、タイプR専用にドアおよびハッチゲート開口部に、接着剤が使われるおかげでもある。ボンネットはアルミで製作され、ベース車より5.3kgの軽量化を実現。

▲アクセントカラーの赤が随所に用いられたコックピット。インパネにはカーボン調パネルが装着され、足元のメタルペダルとともにスポーティな印象を演出

▲アクセントカラーの赤が随所に用いられたコックピット。インパネにはカーボン調パネルが装着され、足元のメタルペダルとともにスポーティな印象を演出

シリアルナンバーが刻まれ、オーナーの満足度も高い

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会