体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ひとりタコパ】アツアツのたこ焼きを心ゆくまで食べる!

f:id:uralatokyo:20161017093835j:plain

たこ焼きが好き。

ゆきちゃめゴンの好きな食べものベスト10には入ると思う。

でも、ある日ふと、こんなに好きなたこ焼きなのに、これまでオヤツやちょっとした小腹満たしにしか食べてこなかったことに気づきました。

関西生まれなので、子どもの頃家で作った事はあるけど、大人になってからすっかり他の食べ物に押されて影が薄くなっているのではないか……。

そして決意したのです。

ちゃんとたこ焼きと向き合ってみよう、と。

ま、ひとりでたこ焼き焼いて食べるだけなんですけどね。

まずはふつうのたこ焼きから

f:id:uralatokyo:20161017095228j:plain

[材料]約16個分

生地 薄力粉 100g
卵 1個
水(またはだし汁) 300cc

たこ
天かす
紅ショウガ
小口切り青ネギ

[作り方]

f:id:uralatokyo:20161017095730j:plain

まず、水、小麦粉、卵をボウルに入れて混ぜ合わせます。

だし汁にするとさらにおいしいので、ここで私は和風顆粒だしを5gほど入れました。

なければ入れなくてもOKです。

一番楽しい、「焼き」

f:id:uralatokyo:20161017100016j:plain

たこ焼き器を熱し、油をひいたら生地を流し込んでいきます。

ポイントは、丸い部分だけでなく、鉄板のギリギリまで生地を流し込むこと。

丸い部分だけでは生地の量が足りなくて丸くならないのです。

f:id:uralatokyo:20161017100045j:plain

まずはタコを投入。

f:id:uralatokyo:20161017100509j:plain

そして、天かす、紅ショウガ、青ネギを乗せたらいよいよ一番難しい、ひっくり返す作業!

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。