体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベンチ10000越え!格安SIMが使える海外スマートフォン(SIMフリー)低価格&高性能なお勧めはこれ

格安SIMが一般的になりました。格安SIMは、SIMフリーである海外スマートフォンで利用できます。いろいろな性能や特徴を持った海外スマートフォンが使えます。ということで海外スマートフォンが面白いのです。

20,000~30,000円クラスの海外スマートフォンは、遅くて分厚いイメージがあるでしょう。実はiPhone 6Sと同じぐらい薄くて高速になっています。

ベンチ10000越え!格安SIMが使える海外スマートフォン(SIMフリー)低価格&高性能なお勧めはこれ
最近の海外スマートフォン(SIMフリー)には、ミドルクラス(20,000~30,000円)でもCPUにSnapdragon 820が採用されています。

ベンチ10000越え!格安SIMが使える海外スマートフォン(SIMフリー)低価格&高性能なお勧めはこれ
ハイエンドなスマートフォンに採用されているCPU(2017年4月時点)は以下です。iPhone 6Sに採用されているCPUがApple A9です。同じぐらいの性能を持つCPUがSnapdragon 820です。

・ Qualcomm Snapdragon系
– Snapdragon 835
– Snapdragon 821
– Snapdragon 820 ←ミドルクラスの海外スマートフォンで採用されているCPU

・Samsung Exynos系
– Exynos 8895
– Exynos 8890

・ Apple A系
– Apple A10
– Apple A9

・MediaTek Helio X系
– Helio X27
– Helio X25
– Helio X20

下記図は、Antutuというベンチマーク比較です。Apple A10に性能が素晴らしく、そのあとにSnapdragon 821、Snapdragon 820と続きます。2016年のベンチマークなのでSnapdragon 835が入っていません。Snapdragon 835は18000台と、さらに高性能です。

Snapdragon 820でも、Apple A10やSnapdragon 835の2/3ぐらいの性能です。ミドルクラスに搭載されているCPUといっても、やはり十分に高速なのです。

ベンチ10000越え!格安SIMが使える海外スマートフォン(SIMフリー)低価格&高性能なお勧めはこれhttp://www.antutu.com/en/doc/107639.htm

海外スマートフォン(SIMフリー)のミドルクラス(20,000~30,000円)はどんな製品があるのか紹介!

海外スマートフォンに不信感がある人は動画でも見てください。最近の中華フォンってすごいですよ。AndroidOSの場合は、日本語でインストールすれば日本語対応のようなものです。まあ細かい日本語対応や日本独自の対応が弱かったりすることもあったりなかったり。

LINEモバイルなどDOCOMO系のSIMならほぼすべて使えるはずです。auやsoftbank系のSIMも使えそうな気がしますけど、バンド幅の確認など必要でしょう。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 5.7インチ 185g

http://www.banggood.com/search/letv-leeco-le-max-2.html?p=OQ042052759312016077

eUIという独自のアンドロイドOSを採用しています。iOSライクのアンドロイドOSです。説明を見ると日本語環境も用意されています。メモリRAMは4GB、容量ROMは64GBです。CPUはSnapdragon 820です。

1 2次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会