ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

階段を登れる車いすが登場!スタイリッシュな車椅子「Scewo」はSF映画に出てきそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Scewo社会のバリアフリー化が叫ばれているが、なかなか進んでいないのが実態だろう。車椅子で移動する人にとって、特に鬼門なのが階段。付近にエレベーターがあればよいが、必ずしもそうとは限らない。

そこで待たれているのが“階段をのぼれる車椅子”。スイスのZurichで2015年にプロトタイプ「Scalevo」という車椅子がローンチされたが、さらに改良が進められたものが「Scewo」だ。

・SF映画に出てきそうなスタイリッシュな見た目

Scewo3Swiss Federal Institute of Technology (ETH)やZurich University of the Artsの学生のチームが手がけている。

旧バージョンに比べて、グッとすっきりとスタイリッシュな見た目になった。まるで、SF映画“X-Men”にでも出てきそうだ。

・大きな車輪とキャタピラを併用する

「Scewo」には、2つの大きな車輪とゴム製のキャタピラを搭載。電動二輪車セグウェイスタイルのバランスシステムを採用している。

フラットな地面では車輪で移動し、専用ジョイスティックか、体の重心移動でバランスをとる。階段ではキャタピラを用いて昇降をおこなう。

・モードの切り替えはボタン1つで

Scewo2フラットな走行に適する“Driving Mode”、階段を昇降する“Stair Mode”、静止状態をキープする“Safe Mode”のほか、“Elevated Mode”では目の高さ程度まで椅子が上がり、会話がしやすくなったり、高いところに手が届きやすくなる。モードの切り替えはボタン1つでできるという。

開発チームでは、さらなる新バージョンの開発費用のため、出資を募集しており、2018年末までに商業化させたい意向だ。

Scewo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。