ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DAOKOと藤田琢己が考える「青春」の正体とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DAOKOと藤田琢己が考える「青春」の正体とは
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。4月4日(水)のオンエアでは、火曜日担当のDAOKOが登場しました。

ここでは大好評の火曜日恒例コーナー「DAOKOのなんじゃこりゃー!」をピックアップしてお届けします。この日のテーマは「“青春”しちゃってる曲」! 春は春でも青い春、青色主義のDAOKOにぴったりのテーマですね。

最近、“青春”という言葉にハマっているというDAOKO。「青春ってなんなんだろう? って…本当に1日かけて悩んだんですけど、やっぱり『自分たちの美しいものを探求している』みたいなことなのかな。とにかく熱量を感じるもの」という答えが出たそうですが、言語化するのが難しく、「ホント、青春って青春としか言いようがない!」とDAOKO。

今回紹介したのは、そんなDAOKOが最近聴いていて「あ、これ青春だ」と閃いた曲だそう。「ロジカル、技術的なところで聴く音楽じゃなくて、“心で聴く”というか、“感じる”曲です」

ということで、DAOKOが「“青春”しちゃってる曲」としてセレクトしたナンバーは、ドミコの「さなぎのなか」。エモーショナルでキャッチーなギターリフ、そして心に残る歌詞が印象的なナンバーです。

この曲を聴いた藤田は、「さなぎのなか」というタイトルに感じたことがあったようです。

「美しいものを探求して没頭していく、それってカタチがまだ完成してないんですよ。だって、美しいものを知って満足してる状態じゃないじゃないですか。だけど、もう“芯”がある。でも完成したカタチが芯にあるんじゃなくて、『絶対こうしたいんだ』っていう熱い思いが真ん中にあって、でも外側のフォルムはまだ完成してない。(青春とは)“さなぎ”じゃないですか」と語る藤田。さらに「でもそこから開いた瞬間にめちゃくちゃ綺麗になる」とも。

今回のタイトル、「さなぎのなか」こそ、DAOKOの言いたかった“青春”ではないかと分析した藤田。これにDAOKOは「すごい!」と驚き。まさに、その通りだったようです。スッキリまとまったことに満足気な2人でした(笑)。

ドミコは2ピースバンドで、「ライブがめちゃめちゃカッコいいんで、本当にみんな観てほしい!」とDAOKO。Hip-Hop好きでも踊れるバンドサウンドだそうなので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

この他、今週の「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、新入生歓迎スペシャルとして、早稲田大学の新入生100人にアンケートを実施! この日は「カラオケで盛り上がる曲」をテーマにお送りしました。新旧入り乱れた結果となりましたが、やはり踊れる曲が人気だったようです。

■今回のオンエア曲
クリープハイプ「イト」
女王蜂「失楽園」
Jamiroquai「Superfresh」
星野源「恋」
ビッケブランカ「Take me Take out」
yonige「さよならプリズナー」
James Blake feat. Bon Iver「I Need A Forest Fire」
DADARAY「美しい仕打ち」
ドミコ「さなぎのなか」
DAOKO「拝啓グッバイさようなら」
Underworld「Slow Slippy」
tofubeats「BABY」
amazarashi「ヒーロー」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。