体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外の事例から学ぶ!デザインでユーザーを惹きつける7つの施策

本稿は、Webdesigner Depotのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、ライターのCarrie Cousins氏によって投稿されました。

 

Webサイトは、アプリやポートフォリオ、プロダクトよりも情報を多く伝えることができる場です。そして、ユーザを惹きつけたり魅了するためにストーリーを伝えるべき場でもあります。

良いストーリーがペンや紙の上のアイデアで始まり、デザインによってさらに盛り上がるでしょう。

 

1. 画像で惹き付ける

デザインはユーザーを視覚的に惹きつけるものです。きれいで鮮明なビジュアルとともに始めます。優れた写真や興味深いイラスト、動画などは注意を惹きつけたり、良い第一印象を作るのに適しています。

ストーリーは、デザイン技術を使って視覚的に、そして画面上では言葉を使い、画像でいっぱいにすると良いでしょう。デザインの中でユーザーにしてもらいたい動作に導く要素を作っていきます。

 

2. キャラクターを進化させる

Webサイトのデザインでは、ユーザーの特徴(ペルソナ)についてたくさん記載します。開発過程でキーとなる部分だからです。ユーザーが共感したり、親しみを持ったりできるようなストーリーになるようにしましょう。

キャラクターはずっと画面上に現れたまま、画面の中でまるで声が聞こえるかのように認識されます。

 

キャラクターを用いた素晴らしい一例として、eメールのプラットフォームである「MailChimp」があります。フレディという会社のアニメマスコットとロゴが、ブログや販売促進画面で常にポップアップで表示されています。そのキャラクターは会社の一部なのです。
はじめに、キャラクターは会社の名前をしっかりと伝えます。広告が拡散されるとき、「MailChimp」について詳細が分からなくなることがあるでしょう。そのときは言葉の隣にいるチンパンジーを見ることで明確になります。
キャラクターは会社の雰囲気をファンにアピールするのに適しています。口調やビジュアルは明るく、シンプルです。
フレディは販売促進について話すことがないとき、ストーリーで会社に貢献します。チンパンジーはどうやってくるの?彼の名前の由来はなに?などです。キャラクターは会社のストーリーを新鮮にし、将来に繋がるものとして役立ちます。

 

3. 参加者を招待する

相互要素を共通の行動と組み合わせてデザインに価値を付加します。アニメーションのタッチを、ユーザーが気がつく必要のあるボタンに加えるか、「斜め」の矢やイメージのような方向を示すことで、特定の要素に向かわせます。

ストーリーにおいて、ユーザーをずっと惹き付けておくには他の効果を考えます。例えば、画面上で移動させるように促す、非常に魅力的な方法に視野移動があります。この技術はとても人気があります。

 

良いストーリーは複雑ではありません。人は会社ではなく、その人々に出会える写真と共に、シンプルに移動するアニメーションストーリーを進めます。(面白いポーズや表情の印象はチームメンバーの個性を光らせます。)

 

4. ゲームをデザインする

ストーリーを伝える上で最も難しい部分の一つは、実際に開発をすることです。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。