体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忌野清志郎が坂本冬美、細野晴臣とともに音楽の自由を示したHISの名作『日本の人』

忌野清志郎。1951年4月2日生まれ。病に倒れなければ先頃66歳を迎えたところである。矢沢永吉が67歳、泉谷しげるが68歳、海外に目を向ければミック・ジャガーは74歳で、先日、逝去したチャック・ベリーは90歳で新作を作っていたというから、“たられば”は禁物だと分かっているものの、“どう考えても逝くのが早すぎたよなぁ”と嘆息が漏れるところではある。ロックミュージシャンからアイドルへの楽曲提供が珍しくなくなり、音楽シーンがシームレスになりつつある昨今、これまた詮なきことを承知で書くが、清志郎が生きていたら我々が想像だにしないようなことをやっていたかも!?…なんて考えも頭をよぎる。忌野清志郎が演歌の坂本冬美、テクノの細野晴臣を迎えて1990年に結成したユニット、HIS。四半世紀も前にこれを仕掛けた清志郎は偉大であったと今も思う。
『日本の人』('91)/HIS (okmusic UP's)

テクノ+ロック+演歌!?
忌野清志郎と言えば、何と言ってもRCサクセションのヴォーカリストとしての活動が有名だが、RC解散後はThe Razor Sharp、2・3’S、Screaming Revue、ラフィータフィー、NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSと、ソロ活動ではあるものの、スタイルはバンドにこだわっていた。また、ユニットでの活動も積極的に行なっていたことも多くの人が知るところだ。古くはシングル「い・け・な・いルージュマジック」での“忌野清志郎+坂本龍一”があるし、及川光博との“ミツキヨ”、あるいは、清志郎がメインではないが、テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画から生まれた、TOKIOの長瀬智也、松岡昌宏らとの“ぴんく”、さらには篠原涼子や木梨憲武らとのコラボレーションなんてものもあったりする。ザッと挙げただけでも、清志郎がいかに縦横無尽に活動していたかが分かるが、THE TIMERSと並んで(まぁ、あれは清志郎によく似た人なのだが…)、その登場が話題となったのはHISだったのではなかろうか。そりゃあ、エキセントリックな話題としては、テレビの歌番組で放送禁止用語を用いた楽曲をゲリラ的に歌ったTHE TIMERSの方が数段上だが、音楽業界の垣根を超えたという点ではHISも十分に意義深い。今でこそ、ジャンルを超えたユニットによるコラボ曲は珍しくない。それこそヒップホップではフィーチャリングが当たり前といった印象すらある。だが、HIS結成の1990年頃には、少なくともメジャーシーンにおいて、他ジャンルとのコラボレーションが実現した例はこの他にはちょっと思い出せない。郷ひろみと樹木希林の「お化けのロック」「林檎殺人事件」くらいだろうか? いや、それも何か違うか──。個人的には、清志郎とテクノミュージシャンとのコラボはそれこそ「い・け・な・いルージュマジック」があったので、細野晴臣と一緒にやるのはまだ分かった。しかし、そこに演歌の坂本冬美が加わるというのは何かとても不思議な感じがしたものだ。坂本は1988年のRCのアルバム『COVERS』収録曲「シークレット・エージェント・マン」でのゲスト参加が清志郎との初コラボだったが、“わけも分からず参加していた”と当時を述懐していることから、坂本自身も不思議な感覚だったのではなかろうか。
これまた個人的には…と前置きするが、HIS結成がアナウンスされた時、テクノ+ロック+演歌ということで、“どんな未知のサウンドは聴けるのだろう?”と若干身構えていたことを思い出す。だが、手にしたアルバム『日本の人』はそういう類いのものではなかった。テクノはおろか、エレキでもない。リズムは概ね穏やかで、ビートもおとなしめ。基本はアコースティックで、ノイズの少ないサウンドであった。RCのアルバム『COVERS』、THE TIMERS(あれは清志郎じゃないが…)とエキセントリックな作品が続いてきた中で、正直言えば、ファーストコンタクトにおいてはやや拍子抜けの感があったことを白状しておく。しかし、何度も聴くと分かってくる。この『日本の人』。激辛料理の後に出されたキンキンに冷えた水というか、甘さが際立つ御菓子を食べた後の日本茶というか、サウンドには棘がないが、独特の清涼感がとてもいい。しかも、だからこそ、清志郎と坂本のヴォーカリゼーションの素晴らしさがじっくりと堪能できるという代物に仕上がっているのである。この辺は清志郎のソングライティングのセンス、アーティストとしてのセンスもさることながら、細野のプロデューサーとしての手腕の確かさがあったことは間違いない。以下、具体的に本作を見ていこう。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会