ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「Huawei P10」の製品箱は観音開きタイプ。同梱カバーはフィット感良好の薄型ハードカバーに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Huawei 製スマートフォンの魅力の一つは製品パッケージの豪華さだと思います。先日入手した Huawei の新フラッグシップ「Huawei P10」もなかなかの豪華ぶりで好印象でした。他モデルのパッケージ内容はあまり把握していませんが、Huawei の P シリーズに限って言えば少なくとも P7 から上質な素材を製品箱で使用しており、スマートフォンカバーが同梱するなど、内容も豪華です。カバーが付くのは Huawei P6 からのことですが、もちろん Huawei P10 にも純正の薄型カバーが同梱していました。それよりも驚いたのは製品箱の構造です。Huawei P10 の製品箱の形状は一般的なスマートフォンと同じ縦長タイプなのですが、蓋が箱と一体化しており、観音開きの開け方に変わっていました。最初、どうやって開けるのか迷いましたね。Huawei P10 の中身については、カバー以外は平凡です。USB チャージャー、USB ケーブル、3.5mm オーディオジャックタイプの耳掛けイヤホン、SIM トレイを取り外すためのピン、取説等の書類。Huawei P シリーズには必ず同梱しているスマートフォンカバーですが、過去モデルにはソフトタイプのカバーが同梱していましたが、Huawei P10 のカバーはクリアタイプで超薄型ハードケースでした。純正品ということで、本体によくフィットし、何よりも薄型なので、装着しても Huaewi P10 が持ちづらくなることがありませんでした。おそらく、フィット感では市販ケースより優れていると思います。

■関連記事
3週間以内の地震発生を予測するAndroidアプリ「地震サーチ」がリリース
LeEco、4月11日に「Le Max 3(X850)」を発表か?実機の写真が流出
Pixel XLの後継モデル? “muskie” がAOSPで発見される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。