体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春ドライブにおすすめ!個性派グルメに充実設備…東北で話題の道の駅

1703_kanto_5_067-1

いよいよ春到来!おでかけにぴったりの季節がやってきました。そこで今回は編集部イチオシの東北の話題の道の駅に、春のお楽しみを調査!

道の駅とその周辺の「グルメ」「露天風呂」「お花」、3つの春探しが一気に叶う春爛漫ドライブに出発しましょう!東北の道の駅は2016年12月現在153カ所。広大な敷地を活用した個性的な道の駅が揃っている。厳しい冬をようやく超えたばかりの東北で春探しはいかが。

記事配信:じゃらんニュース

「安達」智恵子の里【福島県二本松市】

伝統の和紙をグルメにも。

国道をはさんで上下線ある、全国的にも珍しい道の駅。1日中楽しめるスポットだ。

<ここが話題!>

上り線には伝統の製法で作られる上川崎和紙の伝承館があり、紙漉き体験(300円~)が楽しめる。和紙を使ったユニークな和紙ソフトも名物。「安達」智恵子の里上り線の「和紙ソフト」350円 「安達」智恵子の里下り線の名物「大揚げうどん」550円

直売所では「あさつき」、春の香りの「三ツ葉」が旬!

<春のグルメ>

3月に直売所に並ぶのは、茹でると甘みの増す「あさつき」。酢味噌で食べるぬたに最適だ。また「三ツ葉」も旬ならではの豊かな香りになって、おひたしでも天ぷらでも美味

シンボルツリーの「万燈桜」は4月中旬からが見頃!

「安達」智恵子の里見事な一本桜が見る人を和ませる

<春のお花>

「万燈桜」は下り線の敷地内にある桜の名木。高さ15m、推定樹齢270年で、県内でも有名な桜のスポット。桜全体と安達太良山とのコラボを楽しむなら上り線。花期はライトアップも。 「安達」智恵子の里

TEL/0243-61-3100(上り線)

住所/上り線:福島県二本松市下川崎字上平33-1、下り線:福島県二本松市米沢字下川原田105-2

営業時間/上り:やさい家駅菜都9時~18時、のぼり食堂7時~19時 下り:農産コーナー8時30分~19時、道ナカ食堂7時~19時

定休日/施設により異なる

アクセス/東北道二本松ICより15分

駐車場/上り146台、下り101台

「「安達」智恵子の里 上り」の詳細はこちら

「「安達」智恵子の里 下り」の詳細はこちら

\道の駅より車で25分/

陽日の郷 あづま館

陽日の郷 あづま館2種の浴室は時間で男女入れ替え制

<春の露天>

あだたらの空を望むダイナミックな湯船に浸かる。

安達太良山の火口近くに湧くpH2.48の酸性泉を引湯。長い管の中で湯もみされたマイルドな湯の肌触りは、さらっと気持ちいい。露天風呂は総檜造りと一枚岩をくりぬいたものがある。

●TEL/0243-24-2211

●住所/福島県二本松市岳温泉1-5

●営業時間/立ち寄り入浴14時~18時(最終受付17時30分)

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会