体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【取材レポ】金田朋子さんがCMソングを生歌で披露!

4月1日(土)、タレント・声優として人気の金田朋子さんが、ペットイベント「インターペット」会場内のペットラインブース特設ステージに登場。ペットラインの新CMソングを生歌で披露したほか、CMソングの制作秘話やプライベートの話なども交えたトークショーを展開した。

このトークショーは、ペットラインが国産第1号のドライキャットフード「キャネットチップ」の発売から45周年を迎えたことを記念して3月に開始した、日本の猫ちゃんと飼い主に幸せを招くプロジェクト「幸せまねこ~大作戦」の一環として開催。

金田さんは「キャネットチップ」のキャラクター「にゃねっと」の声を担当。猫の飼い主が投稿した愛猫の画像を紹介する「幸せまねこ~大作戦」の動画映像に流れるオリジナルソング「幸せまねこ~のうた」も、金田さん扮する「にゃねっと」が担当した。

出産を6月に控えた金田さんは、「にゃねっと」をイメージした黄色のTシャツで登場。「お腹が大きいから(猫よりも)タヌキっぽくなっちゃった!」と早速会場を笑わせた。

また、赤ちゃんの様子を聞かれると、「大きな声を出すことが多いので、そのたびにグルグル動いてます。私の声ってシロテナガザルが危機感を感じた時に仲間を呼ぶ声に似ているらしいのですが、赤ちゃんに今からこの声に慣れてもらいたいな(笑)。主人は私と同じ声の赤ちゃんが生まれるのではと怯えてます(笑)」と金田さんらしい甲高い声でトークを展開した。

金田さんは、日本で最も猫に食べてられているといわれているロングセラーのドライキャットフード「キャネットチップ」について聞かれると、「私も食べたいくらいです!今のペットフードは進化していて本当に美味しそうで、ペットは本当に幸せだと思う!マヨネーズを付ければ人間でも美味しく頂けそう(笑)」とコメント。

「キャネットチップ」の最新テレビCMが披露されると、「CMのアテレコではネコならではの元気でヤンチャなところが出せて、とても楽しくやらせてもらいました。キャネットチップがとっても美味しそうなので、私自身が食べたい食べたい!という気持ちをニャネットの声に込めました」と収録エピソードを語った。

また、今回のイベントで初披露となった「幸せまねこ~大作戦」の動画が再生されると、オリジナルソングに合わせてステージの下で身体を揺らして楽しむ金田さん。「歌はあまり得意ではないんですが、歌の上手下手ではなくてニャネット君が楽しそうに歌うことを意識しました。音程などは気にせずネコちゃんの色々な感情を表現することを第一に考えてのびのびと歌わせてもらいました。レコーディングはとても楽しかったです!」と制作秘話を披露。

そして、続いて会場に集まった来場客と一緒に、金田さんがオリジナルソング「幸せまねこ~のうた」を歌い上げた。

早口の場面で歌詞の一部を間違えてしまうというハプニングもあったが、来場客と一緒に笑顔で乗り越えて無事に歌い終わると、「これが生歌のいいところですね!口パクではないことが証明できました!」とコメントし会場は大笑い。金田さん自身、この曲がお気に入りの様子で「元気になりたいときにはぜひ歌ってほしい!」と会場に呼びかけていた。ちなみに金田さんの夫も緊張しているときにこの曲を思い出してリラックスできたのだとか。「歌詞もリズムも頭にすぐ入るので、みなさんの頭の中でも(この曲が)ぐるぐる回ると思います(笑)」。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会