体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「エキゾチックを感じたい!魅惑のイスタンブール」

TABIZINEライターのNaoです。自由気ままに、好きなことを好きなだけ楽しめるひとり旅。一度挑戦してみるとその気楽さにハマってしまう人も多いのではないでしょうか?
この連載では、47か国制覇した旅マニアの筆者がお伝えする、一人旅をもっと楽しむコツをご紹介したいと思います。

アジアの西の果てに位置するトルコ。アジアとヨーロッパの文化が交差するイスタンブールは、エキゾチックな雰囲気ながらもどこか懐かしさを感じるのも魅力。路面電車や地下鉄が整備されており一人旅でも安心。さらに親日家が多いので、日本人にとっては最高に居心地よく過ごせる旅先の一つでもあるでしょう。

まずは観光スポットが集まる旧市街から

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
イスタンブールを象徴するブルーモスク。「世界で最も美しいモスク」とも称され、大小のドームや真っ直ぐに伸びる尖塔が織りなす外観はどこまでも壮大で神秘的。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
内部も見学可能。青色のイズニックタイルで装飾された壁や、鮮やかなステンドグラスはため息の出るほどの美しさ。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
迷路のように入り組み、約5000ものお店がひしめきあう巨大な市場、グランドバザール。エキゾチックな雑貨や装飾品、食品や衣類は見ているだけでも楽しめます。

異国情緒あふれるグランドバザールですが、お店によっては客引きがしつこいということも。また半ば強引に絨毯を高額で売りつけてくる詐欺師もいるので、不快な思いをしたら颯爽と素通りするのが吉。

イスタンブールの日常感を楽しめる新市街

見所が多い旧市街ですがとにかく観光客が多く、お店も観光客向けな雰囲気が多いという印象も。イスタンブールの地元の人々の暮らしを感じたい時はぜひ新市街にも行ってみましょう。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
新市街で最も活気があるイスティクラル通り。レストランやカフェ、アパレルや雑貨などのお店が並び、地元の人々が買い物をする姿が見られます。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
夜遅くなっても人通りが多く賑やかなので、一人で歩いても安心です。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
高級ブティックからお洒落なカフェやレストラン、デザインホテルなどが集まるニシャンタシュというエリア。東京でいうと銀座や表参道のような華やかな雰囲気。旧市街とはガラリと異なる、都会的で洗練された街並みは歩くだけでも楽しめますよ。

【連載】47か国制覇の旅マニアが教える海外一人旅「日本人には最高の居心地! イスタンブール」
トルコのヨーロッパ側とアジア側を隔てる、ボスポラス海峡。イスタンブールの観光名所はヨーロッパ側に集まりますが、アジア側も一度は訪れてみたいもの。渡し船に乗って海上から両岸を眺めていると、どこかロマンを感じるでしょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。