ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

May J.が歌う、明電舎120周年イメージソング「One to Love〜心、ひとつに〜」完成

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
May J.が歌う、明電舎120周年イメージソング「One to Love〜心、ひとつに〜」完成

May J.が歌う、明電舎の120周年記念イメージソング「One to Love〜心、ひとつに〜」が完成した。

本イメージソングは、明電舎の社員および、その家族から募集したフレーズを使用し、作詞・作曲されたもの。日本語歌詞版・英語歌詞版が制作され、全世界の社員が共有できるイメージソングとなる。

タイトルの「One to Love」は“愛する人、愛される人”を意味し、120周年の数字を分解した、1⇒One 2⇒to 0⇒Loveという造語となっている。創業者・重宗芳水(しげむねほうすい)が町工場で始めた電気品修理業の1つ(One)から始まり、いまでは多くの製品や事業でたくさんの人々とつながり、愛し愛される会社という意味が込められている。

なお、本楽曲は4月から年間社内外の各種イベント等で使用される。

明電舎120周年記念サイト
http://www.meidensha.co.jp/120th/unity/index.html

May J. コメント
明電舎創業120周年、おめでとうございます。
今回、明電舎のイメージソング「One to Love」を唄わせていただきました。
社員のみなさんに歌詞のフレーズを募集するところから始まったイメージソングづくりですが、仕事に対する熱い想いや未来に向けた想いが、歌詞からすごく伝わってきました。
その気持ちに、できるだけ応えたいと思い、レコーディングではフレーズひとつひとつに気持ちを込めました。この「One to Love」という曲で、一緒に心をひとつにしていきましょう。

関連リンク

May J. オフィシャルサイトhttp://may-j.com(PC・モバイル共通)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。