ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

運行スタート!「着席通勤電車」がスゴい点

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

運行スタート!「着席通勤電車」がスゴい点
J-WAVEの4月からの新番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。ニュースの裏側からスポットを当てていくコーナーですが、初日となる4月3日(月)のオンエアでは、鉄道ライターの土屋武之さんをお迎えして「着席通勤電車」にスポットを当てました。

着席通勤電車とは、通勤客に向けて首都圏の私鉄各社が導入を始めている「有料座席指定サービス」のことで、西武鉄道では3月25日から通勤車両を使った「Sトレイン」の運行をスタートしました。区間は所沢−豊洲間で、座席指定料金は510円です。ちなみに各鉄道会社ごとに座席指定料金は異なるそうです。

実は、着席通勤電車の歴史は今に始まったものではなく、土屋さんによると、1967年に小田急線で走り始めたのがルーツ。それまでは、観光用やビジネス向けの特急を走らせていましたが、座って通勤したい人が多いことに気づき、座席指定の特急を走らせるようになったとか。この流れが他の鉄道会社にも波及している訳ですが、Sトレインは他の鉄道会社と異なる点があるそうです。

土屋:Sトレインは、片側に4カ所、扉がある通勤用の電車に、2人掛けの座席を設置して走らせているんです。座席は前向きにも横向きにもできるので、時間帯によっては、横1列の座席にもできます。さらに、地下鉄と直通運転しているので、日曜なら飯能や所沢から横浜の中華街まで行けるんです。しかも、特急の車両はホームドアに対応できない部分がありますが、片側4扉もあるのでそのまま対応できるんです。
サッシャ:仕事に行くまでに疲れてしまう社会を、少し変えていかないといけなのではないかと思いますよね。
土屋:行く時もそうだけど、帰る時も座りたいですよね。

そんな土屋さんの新著『新きっぷのルール ハンドブック』が、4月20日に発売されるそうです。電車に乗るときのきっぷのルールなど、いろいろと役立つこと満載! 気になった方はどうぞ、手にとってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。