ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの国民的シンガー、実は○○の代表選手だった!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あの国民的シンガー、実は○○の代表選手だった!
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。新年度一発目の4月3日(月)は、4月1日にめでたく23歳の誕生日を迎えたemmaが登場しました。

ここでは、月曜恒例の人気コーナー「エマーミュージック」をピックアップしてお届けします。emmaのモデル友だちに自慢できるステキなナンバーを、藤田が教えるというこのコーナー。この日、「1つオトナになったemmaさんを、ちょっぴりオトナ色に染めてみようと思います」(藤田)と紹介したのはアウスゲイルです。

“奇跡の歌声を持つ”といわれるアウスゲイルはアイスランド出身、現在23歳のシンガー・ソングライターです。2012年にアイスランドでリリースしたデビューアルバム「Dyrd i daudathogn」が国民的大ヒット。国民の10人に1人がこのアルバムを持っているそうです! 日本でざっくり例えるなら1300万枚売ったというところでしょうか。すごいですね!

ドリーミーで優しい歌声が魅力のアウスゲイルですが、高校生の頃は槍投げでアイスランド代表に選ばれるほどすごいアスリート選手だったそうです。その時のコーチが、彼のギターの師匠的存在でもあったのだとか。ギターと槍投げを同時に教わっていたんですね。トップアスリートとしてだけでなく、国民的シンガーを育てたその人物に、「その師匠がすごい(笑)」とemma。確かにそうなりますよね(笑)。

しかしギターと歌はあくまで趣味。槍投げをメインにがんばっていたのですが、その師匠が「ちょっと待て。それだけギターが弾けて歌えるなら、ちょっと録ってみないか?」と勧め、彼のデモテープを音楽プロデューサーに送りました。すると「テレビ番組に出てほしい」との返事が! アウスゲイルはこれがきっかけでデビューし、大ブレイクを果たしたそうです。まさにシンデレラボーイですね!

ということで、4月28日(金)にリリースされる待望の2ndアルバム「Afterglow」からの1曲「Stardust」をオンエア。“奇跡の歌声”を聴いたemmaの感想は「なんか朝方にゆっくり聴きたい感じですね。ゆっくりゆっくり聴きたいです」とかなりの高評価でした。

そして耳寄りな情報も。「Afterglow」のリリースに先駆けて、4月14日(金)、J-WAVE局内で開催されるフロアライブイベント「J-WAVE BAR」にアウスゲイルが登場します。4月6日(木)正午まで、応募が間に合うそうなので、気になる方はJ-WAVEの公式サイトで応募要綱をチェックしてみてください!

この他、番組内ワンコーナー「Spotify TOKYO VAGABOND」では、4月の月曜ナビゲーターとして、4月12に3rdミニアルバム「I STAND ALONE」をリリースするGLIM SPANKYが登場。今週はその「I STAND ALONE」を語る上で欠かせないナンバーをセレクトしています。

そして、藤田とemmaがMCを担当する番組発のライブイベント「J-WAVE SONAR MUSIC LIVE VOL.1」がいよいよ4月9日(日)に開催されます! 来週は裏話も聴けるかもしれないので乞うご期待ですよ!

■今回のオンエア曲
the peggies「ドリーミージャーニー」
DYGL「Come Together」
レミオロメン「3月9日」
Gorillaz feat. Jehnny Beth & Noel Gallagher「We Got The Power」
カネコアヤノ「とがる」
yonige「さよならプリズナー」
Pentangle「Let No Man Steal Your Thyme」
Foo Fighters「Walk」
DÉ DÉ MOUSE「get you back」
Ásgeir「Stardust」
Suchmos「Pacific」
DADARAY「美しい仕打ち」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。